FM京都α‐Station「Artisan’s Talk」に出演します。

少し前になりますが、ラジオ収録に行ってまいりました。

FM京都α‐Stationで毎週金曜日の午前6時から放送のプログラム「Artisan’s Talk」

「日本の伝統を次世代につなぐ」をテーマに伝統産業と様々な事業を展開する株式会社 和える(aeru)代表の矢島里佳さんがDJを務める番組です。

毎週矢島さんがゲストの職人さんと生き方や工芸について様々なお話する番組に出演させていただきました。

今週と来週の2回に亘っての放送になります。
〇 9月15日・22日 AM6:00~6:25

職人になるまでの経緯や竹工芸についてなどいろいろお話してきましたので、よろしければお聞きください♪

received_1036547556448566.jpeg

by hosokawa(Facebook)
スポンサーサイト

Tag:取材記事  comment:0 

Discover Japan 9月号

8月5日発売のDiscover Japan9月号に掲載していただいております。

今月号の特集は「職人という生き方」。

全国の様々な工芸に携わる職人さんの仕事や生き方が取材されていますが、その中の「いまクリエイターが注目する職人」の記事の中で竹工房喜節 細川秀章を取り上げていただきました。

この記事は工芸と関りの深い4名のクリエイターがそれぞれ注目する若手職人をピックアップする企画ですが、その中の一人COS KYOTO代表の北林 功さんにご紹介いただきました。

このページで取り上げられている他の職人さんもそうそうたる顔ぶれなので、その中の一人として取り上げていただけたことを光栄に思います。

他にも職人や工芸に関する記事が盛りだくさんの特集ですので、ご興味ありましたらぜひご覧になってみてください。

IMG_20170806_162227.jpg

IMG_20170806_161709.jpg

by hosokawa(facebook)

Tag:取材記事  comment:0 

6月7日発売「ミセス7月」

6月4日をもちまして京都駅前地下街 ポルタギャラリー華にて開催しておりました「綯交5人展」は終了しました。
会期中はたくさんの方に会場に足をお運びいただき誠にありがとうございました。
次回の「綯交展」はまだ未定ですが、グループでの活動のみならずそれぞれの作り手の今後の展開にもご期待いただければと思います。
またこれからも皆様に仕事を見ていただけるよう精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

さて、今回は雑誌掲載のお知らせです。
6月7日発売のミセス7月、夏のきもの特集の中で喜節のクラッチバッグを取り上げていただいております。
シックな大島紬の着物に竹編みのクラッチバッグを合わせたコーディネートを提案していただき大変光栄に思います♪

DSC_1633.jpg
DSC_1637.jpg
DSC_1260.jpg

by kisetsu

Tag:取材記事  comment:0 

綯交五人展

本日から開催の「綯交五人展」に竹工房喜節・細川秀章も参加いたします。
京都で陶・漆・錺・竹それぞれの工芸の技術を学んだ五人の作り手によるグループ展です。
素材や技術の異なる五人による様々な表現の作品をお楽しみください。

綯交五人展


綯交五人展
会場:京都駅前地下街 ポルタ ギャラリー華
会期:5月23日(火)~6月4日(日) 午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)
細川秀章 在廊日: 5月26・30・31日 6月3日

by kisetsu

Tag:展示会&実演のご案内  comment:0 

genten×喜節 コラボレーションバッグ GINZA SIX「genten monococoro」

革バッグブランドのgentenと竹工房喜節のコラボレーションバッグが、CEMENT PRODUCE DESIGNのプロデュースにより実現しました!
東京・銀座に4月20日から新たにオープンしたGINZA SIX
こちらでgentenがスタートさせる新業態ショップ「genten monococoro」の店頭で2種類の籠バッグがお披露目されました。
こちらのショップではgentenの新たな取り組みとして、様々な工芸の職人とgentenのレザーアイテムのコラボレーションが展開されており、その企画の一つとして革×竹籠のバッグが喜節に提案されました。
通常の喜節のラインナップでも革を取り入れていますが、gentenの職人さんと協議を重ねて作り上げた今回のバッグは、今までにない雰囲気の籠バッグに仕上がっています。
ぜひ新たなお店で新たな工芸の展開をお楽しみください。

genten×喜節 コラボレーションバッグ
先日のGINZA SIXのオープニングレセプションでお披露目された「genten monococoro」のショップとコラボレーションバッグの写真です。
genten×喜節バッグ

genten×喜節バッグ1

genten×喜節バッグ2

genten×喜節バッグ3

2種類のバッグはどちらも中にピッグスキンの巾着が入り、籠の形と持ち手の付け方でそれぞれの雰囲気を少し変えています。
竹籠の形状や色に協議を重ね、gentenの職人さんによる高い技術の革加工が組み込まれたバッグは今までにないテイストのバッグに仕上がりました。

このバッグがどんなファッションの人にどんなシーンで使われるのか、想像するだけでワクワクします。

by hosokawa(facebook)

Tag:商品取扱店  comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆