スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

地図を改変しました。

とてもご無沙汰しております。

なかなかブログの更新ができない間に工房の近隣にも変化がありましたので、地図を新しく作成しました。

竹工芸 喜節 地図


小学校の目の前というとても分かりやすい所ではあるのですが、周辺の一方通行の多さに車やタクシーで来られる方にはご不便をおかけ致します。

また、工房には駐車スペースがございませんので、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。

kisetsu
スポンサーサイト

Tag:その他  comment:0 

Facebook始めました。

久方ぶりのブログ更新です。

お知らせすることがたくさんあったのですが、なかなか出来ずに申し訳ありません💦

遅くはなりましたが、少しずつブログの方で紹介していきたいと思います。

まずはタイトルの件から。

ついに!というか、やっと‼というべきなのか、竹工房 喜節のFacebookページを開設致しました。

まだまだ不慣れですが、投稿を始めています。

Facebookページでは、主に細川自身が投稿することが多いので、普段の作業の様子が今までよりも伝えやすくなりました。

もちろん、Facebookでの投稿をブログでも読んでいただけるように項目ごとにまとめて記事にしていく予定です。

Facebookに登録済みの方は是非フォローをお願いします。

竹工房 喜節のFacebookページ >> https://m.facebook.com/竹工房-喜節-1196565773688762/

by okuhan

Tag:その他  comment:0 

紫の風に誘われて。

京都はここ一週間、37度の気温を保って、工房では、麦茶の消費が半端ではない今日この頃です。

そんな鋭い日が差す中、この間の日曜日は金工展を観に「盧山寺」に行ってきました。
廬山寺1

廬山寺2

園部の共同工房にいた頃に、近所の方から井戸のフタの注文を受けたこともあったな、なんて思い出しつつ中へ、、、

金工の作品をじっくり見て、お庭の方でひと休み。
金工展は~7日までで終了しております。

廬山寺4

盧山寺のお庭は眩しいほどの白川砂と苔の庭です。

そして、今が見頃の桔梗。

廬山寺5

紫の桔梗は6月末から9月初め頃まで見られるそうですよ!

「盧山寺」のホームページ>>



さて、最近の喜節は来月に控えたJR大阪三越伊勢丹での出品に向けて、忙しくしておりますが、

近頃、作業の様子がなかなかブログにあげられていなかったので、いろいろ載せて行きたいと思います!!



by kinoko

Tag:その他  comment:0 

ラジオに出演しました。

KBS京都ラジオで毎週土曜日(8:30~11:55)に放送している『桂塩鯛のサークルタウン』。

先日6月22日に喜節のバッグと共にゲスト出演させていただきました。
写真を載せていただいています>>『桂塩鯛のサークルタウン~6/22放送分~塩鯛倶楽部』

ご視聴いただきました皆さま、ありがとうございました。

今まで誌面の取材や数分のテレビ紹介に出演したこともありますが、今回は生放送。

本人は緊張していたようですが、落ち着いてしゃべれていましたね!

パーソナリティーの塩鯛さんには竹ブリーフケースをとても気に入ってもらいました。
竹ブリーフケース/竹工房 喜節

関西を中心にたくさんの方に聞いていただけたと思うので、

ゲストに呼んで頂いたことに応えられるように竹バッグを作っていきたいと思います。

番組中にもお知らせしましたが、

8月14日(水)~27日(火)JR大阪三越伊勢丹にて、喜節の竹バッグを出品致します。

喜節の竹バッグを是非手にとってご覧いただきたいと思います。

詳しくは後日ブログにて、お知らせいたします。

最後になりましたが、パーソナリティーの塩鯛さん、柴田さん、KBS京都ラジオのスタッフの皆様、ありがとうございました!!

by hosokawa&kinoko

Tag:その他  comment:0 

「工芸綯交ないまぜ九人展」、無事終了致しました。

6月4日~9日まで、京都のくらふと・ギャラリー集にて開催していた、「工芸綯交九人展」。

無事に終了いたしました。ありがとうございました!!

6日間という短い期間ではありましたが、たくさんの方にご来場いただきました。

以前と同様に、今回の綯交展も期間中は9人中から数名、作り手本人が在廊して、ご来場のお客様に自身の商品説明を丁寧にしていました。

「こういうの作れないかしら・・・」
「これをリメイクしてほしいのだけど・・・」
「ここはこっちデサインに・・・」
そんな言葉もお客様から、聞こえてきます。

互いの作品や在廊できない仲間の話もして、とても良い雰囲気な展示会でした。

20130602_191118.jpg
こちらは搬入時にパチリ。

今回、喜節の竹バッグのラインナップは少なめでしたが、

同じ形の商品を繰り返し作る難しさを感じながら、改良を重ね、確実にレベルアップしています。


今後も皆さまに喜んでいただけるようなものづくりを続けて、

また新しい喜節の竹バッグをお披露目できるように、日々精進していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

最後になりましたが、くらふと・ギャラリー集の皆さま・展示会関係者の皆さま・作家の皆さん、
展示会の準備から会期中6日間、本当にありがとうございました。


by hosokawa&kinoko

Tag:その他  comment:0 

奈良なら・・・

今日はGW唯一のちょい遠出です。

京都からは電車で一時間くらいの場所にある、古都奈良。

目的地は来年の今ぐらいの時期にグループ展をさせてもらう予定のギャラリーさん、「奈良町(ならまち)カフェ・ギャラリーたちばな」

奈良9

ひがしむき商店街を南へ。

奈良7

さらに、もちいどの商店街を南へ。

この商店街の入口西側には高速餅つきで有名な「中谷堂」があるんです。店前にはもの凄い人ひとヒト…

奈良6

そして、ならまち通りを東へ、ならまちセンターの方向に行くとすぐに「ギャラリーたちばな」さんがあります。

奈良5
奈良4

気取らない着物姿の奥さまとまさにカフェのマスター!といった感じのカッコいい旦那さまが出迎えてくれます。

今日は、母校の陶芸の先生でもある空女先生の個展中でした。

一緒にグループ展参加予定の陶芸と金工の作家さんとギャラリーの雰囲気を見させていただいて、

オーナーさんとのミーティングをして来年の展示会をイメージします。

ギャラリーたちばなさんでは、焼き物以外の工芸を扱う展示会はこのグループ展が初めてになる予定なので、

オーナーさんはとても楽しみにしてくださっていて、

奈良でのはじめての出品になる細川も今からとても楽しみにしています。


細川は初めての奈良訪問だったのですが、今回はあまり時間が取れなかったので、奈良散策はお預けに。

次回ゆっくり観光に行きたいなと思います。


6月からは喜節もいくつかの出品予定が続きます。詳しい内容は後日、ブログにてお知らせします。

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

ちょっとそこまで...

京都で桜の名所といえば、やはり平野神社でしょうか。

敷地内に約400本もの桜が咲き誇り、毎年花見客で賑わいます。

少し前に出張で京都に来ていた父も、タクシーの運転手にこの神社を勧められたそうです。

約50種類の桜が植えられていて、少しづつ開花時期が異なるので、

長い期間桜を楽しめるのも嬉しいところですね!

「ちょっとそこまで」というくらい平野神社が工房から近くにあるので、

丁度ソメイヨシノが満開の時期にお散歩しました。

写真で少しご紹介~。

2013年春 平野神社にて。
花見1
夕暮れどき。
花見2
ぼんぼりのやわらかい光に包まれて、春の暖かさをより感じます。
花見3
花見4
花見5
まだ蕾の桜もありました。
花見6
珍しいサクラの品種も観られます。
花見7
花見9
有料の花見席や露天などが並び、新入社歓迎会を兼ねての宴会で賑わっていました。

この春から新しい生活をスタートさせた方も多いかと思いますが、

喜節の工芸仲間の二人も関東方面に活動の拠点を移し、旅立ちました。

なんだか寂しい気持ちもありますが、早咲きの桜で送り出せてよかったなと思いました。

次に会える時がとても楽しみです。

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:2 

京都アートフリーマケット2013春

お知らせが遅くなりましたが、

今日から、「京都アートフリーマケット2013春」が開催されています。

展示会

京都アートフリーマケットは年に2回、春と秋に行われ、

若手作家・職人の手によって制作された作品が並び、作り手と使い手が交流できるイベントです。

京都文化博物館を中心に、4会場で開催されています。

木工芸と陶芸の工芸仲間が出店しているので、覗きにいこうと思っています。

他にも、革のバッグや写真、アクセサリーなど、さまざまな作り手が出展していますので、

是非、週末お出掛けください☆

「京都アートフリーマケット2013春」について詳しくはコチラ>>

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

「京都オークション」無事に終了致しました。

11月1日~7日の展示期間を終え、8日に本番を迎えた「京都オークション」。

今までに経験をしたことのない緊張感の中、無事終了致しました。

展示期間中も含め会場に来場していただいた皆さま、京都オークション関係者・スタッフの皆さま、

本当にありがとうございました。

京都府としてもはじめての企画。

前例が無い分、実際どうなるものか不安はきっと大きかったはずですが、

当初より細川は参加することに強い気持ちがありました。

今回のオークションでは、喜節オリジナル商品「竹セカンドバッグ」に

籠には竹ひごの染替えによるグラデーションを。

又、通常は籐で十字にかがっている部分に是空庵石原さんの飾り留め具などを使用し、

オークションの特別仕様にして出品致しました。

同じものはふたつとして無い、特別な竹バッグです。


レセプションの後、オークションが始まり、

自分の順番がまわってくるまでそれぞれの作家さんが緊張な面持ちでその時を待ちます。

いよいよ細川の番。オークション参加者の皆様の前に立ち、自分の作品紹介を行ない、竹セカンドバッグのオークションが始まります。

細川は初めて味わう空気感の中、ただただ見守ります。

ドキドキ、、、

ガクガク、、、、、、

そして「コンコン!」と槌音が響き、落札。

有り難くも嬉しい評価を頂き、無事オークションを終了することができました。

細川のバッグの内側を中心に手伝っている私(kinoko)も、

喜節の竹セカンドバッグのオークションが始まり、参加者の方から札をあげて戴く度に、

身が引き締まる想いがしました。

実は見ているだけの私のほうが緊張でガクガクでした、、、

オークション終了後、改めて出品した理由を聞くと、

「自分が作っているものに対して、直にお客様目線の評価を知る事が出来るから」と。

オークション前のレセプションでは、作家の方々がオークションの参加者の皆様に

作品のことや製作についての想いを説明されたり、

オークション後も作家と作品を落札された方が、

和やかに歓談されている姿が見られ、作り手と使い手の交流を楽しんでいたように思います。


今回頂いた評価を励みに、使う側の方々に期待されるような作品づくりに繋げて、次回も出品できればと思っています。

オークションに参加した作家の方々とも工芸界の異業種交流ができ、同じ緊張を共有できたことを嬉しく、

今後もこのような機会にお会い出来るのを楽しみにしています。


by hosokawa & kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

11月工芸仲間の展示会

今日から11月、初!古典の日ですね。

京都の渋声ラジオDJの言う「古典」がとても訛っていて一日気になっていた私ですが、

芸術の秋ということもあって、知り合いの作家さんから続々と展示会の案内が届きましたので、

お知らせします☆


京もの工芸品「京都オークション」喜節ブログ記事>>
今日からオークション前の展示会が始まりました。
喜節からは「竹セカンドバッグ(特別仕様)」を一点出品しています。
京都オークション
~京もの工芸品「京都オークション」~
京都が世界に誇る伝統工芸の素晴らしさを幅広い皆様に知っていただき、代々受け継がれてきた京都の伝統工芸の技術・技法を後世に伝承するとともに、国内外のバイヤーや消費者と直結した、伝統工芸分野の新たな市場の創出等を目指すものであり、今回が記念すべき第1回目の開催となります。

日時: 事前展示期間:平成24年11月1日(木)~7日(水)
            (10:00~18:00)
    オークション:平成24年11月8日(木)
            レセプション:18:00~
            オークションスタート:18:30~
会場: 京都伝統工芸館
   (京都市中京区烏丸三条上ル 地下鉄烏丸御池駅6番出口すぐ)
    Tel:075-229-1010
入場料: 無料
オークション参加方法: お一人様一通ずつHPの申込フォームより事前申込をお願いします。
            事前申込締切:11月7日23:00
            (当日受付も行いますが、定員になり次第締め切りとさせて頂きます。)


松本和明 宮崎佐和子 和うるし展
11月仲間の展示会2
松本和明・宮崎佐和子
和うるし展
■場所阪神梅田本店9階 美術工芸サロン
■日にち 11月7日(水)-13日(火) ※催し最終日は5時終了。
希少性の高い純国産漆にこだわり、夫婦で作品を制作。
溶剤を用いず、国産漆のみを塗り重ねて仕上げる器を中心にご紹介いたします。 日本で育まれた美しい表情をお楽しみください。
阪神梅田本店HPより引用


北神の作り手2人展
十場くんは細川の同期の陶芸家さん。スリップウェアという技法の作品を多く制作していらっしゃいます。
11月仲間の展示会
■日にち 2012/11/9(金)-15(木) 
■時間  11:00-17:00 
■場所  つくも窯
神戸市北区淡河町神影941-20
http://www.tsukumogama.com/
■作家 [陶芸]十場天伸さん
    [木工]佐々木拓也さん



森谷和輝・小塚晋哉 二人展
11月仲間の展示会 3
■日にち 2012/11/17(土)-25(日) 期間中水曜休
■時間  11:00-18:00 (最終日 -17:00)
■在廊日 森谷在廊 / 17(土),25(日)
     小塚在廊 / 17(土),18(日),23(金・祝),24(土),25(日)
■場所  手しごとの器・道具 テノナル工藝百職
     〒606-8397京都市左京区聖護院川原町11-18
     tel/fax:075-200-2731


昨日、納品のためにJR大阪三越伊勢丹に伺うと見たことがある器がズラリ。
陶芸・守崎さん/木工・小林達也さん/木工・岩井さん/木工・松本さん/漆工・太田さんの企画展をしていました。
場所は、JR大阪三越伊勢丹の6階「和の暮らし 室礼」。会期は、~11月6日まで。

今週末はいい天気のようす。是非足をお運びください。

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。