2013年夏 新作「竹トランク」

今年そごう横浜店にて商品出品した際に、初お目見えした「竹トランク」の商品紹介です。

2013年夏新作 竹トランク
2013年夏新作1

サイズはタテ 約32cm×ヨコ 約42cm×幅 約17cm。(持ち手含まず)
2泊3日ぐらいの旅行がちょうど良い大きさです。

竹トランク1-3

内側はシンプルに。
ベルトで荷物を抑えられるようにしました。

2013年夏新作1‐1
竹トランク2-1

握りやすい本革の持ち手。

竹トランク2-2

鍵付きの横引き錠。

竹トランク2-3
竹トランク2-4

痛みやすい角もしっかり本革でカバーしています。


遠目で見ると革バッグではないかと思われてしまう事もしばしば。

男女問わず使えるデザイン・重量・強度に仕上げました。

来月のJR大阪三越伊勢丹でも出品する予定ですので、是非直接見て頂きたいです!

by kinoko
スポンサーサイト
テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:竹バッグ  comment:2 

2013年夏新作「竹トランク」

今日は猛烈に暑い一日でしたが、皆さん体調大丈夫でしょうか。

夏至に近いこの時期、雨が鬱陶しくなることもありますが、今は梅雨空が恋しいですね。


さて、昨日からそごう横浜店の紳士服売り場(5F)にて、喜節の竹バッグを5点ほど出品しています。

そして、2013年夏新作!!
「竹トランク」
2013年夏新作1

内側は荷物を抑えるベルトをつけてシンプルな仕様に仕上げました。
2013年夏新作1‐1

トランク編み
こちらは今年新作の竹トランクを編んでいる様子。

週末の15日(土)・16日(日)には細川が売り場で実演も致します。

出品数は少ないですが、注文生産もしておりますので、是非ほかには無い竹バッグをご覧ください。


百貨店出品
そごう横浜店 5F紳士服売り場
会期:6月12日(水)~17日(月)
※細川の実演は15日(土)・16日(日)です。

ご来店をお待ちしています。

by kinoko

Tag:竹バッグ  comment:1 

新作!! 「竹ブリーフケース」

今日は先月28日まで開催していたJR大阪三越伊勢丹での展示会で初お目見えした竹バッグの紹介です。

喜節の竹バッグ 新作!!「竹ブリーフケース」

竹ブリーフケース/竹工房 喜節

ブリーフケースとは、書類を入れるための鞄。革やアルミニウムなどで作られているものをよく見掛けます。

喜節の竹バッグも今は小ぶりの物が多いですが、徐々に大きいバッグにもチャレンジしている中での、今回の竹ブリーフケース。

デザインや機能を重視しながら、竹の性質として強い所・弱い所を活かしたり補ったりして、見た目にはわからない形で補強をしています。

内側の仕様も使い勝手を考えて作りました。

竹ブリーフケース内仕様1/竹工房 喜節

B5の書類が挟める仕切り。

竹ブリーフケース内仕様2/竹工房 喜節

細かいものを入れるポケット。

竹ブリーフケース内仕様3/竹工房 喜節

雑誌が楽に入る大きさです。

竹ブリーフケース 仕様/竹工房 喜節

底には汚れと傷みを防ぐ底ビョウが付いています。


男性のビジネスシーンにほかには無いブリーフケースを。

また全体的に柔らかい雰囲気で、革で作られているバッグよりも軽い竹バッグは、女性の方にもお洒落にお持ちいただけると思います。


素材:竹(染竹漆仕上げ)・籐・本革・金具・布(綿100%)・和紙
内側:チャック付きポケット・仕切り


by kinoko



「竹工房 喜節」では、竹のバッグ、花器、盛器等を製作しております。
現在、個人のお店はございません。ご購入は展示会又は商品取扱店に来ていただくか、こちらのブログのメールフォームから、直接ご注文いただく形になります。
商品の制作は、竹割り(材料作り)から編み、漆仕上げまで竹かごの工程全てを職人が一人でしておりますので、申し訳ございませんが、ほとんど在庫がありません。
受注生産の際はご注文頂いてからお客様のお好みに仕上げていきますので、注文後3~4ヶ月お時間をいただいております。
年に何回か、京都市内施設で実演もしております。実演中、商品の販売はしておりませんが、商品に関するご相談は承りますので、気軽にお声掛けください。
尚、展示会・実演日程についきましては、ブログにてお知らせいたしますので、ご確認ください。
どうぞ、ご注文・ご質問等、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。

◆「竹工房 喜節」へのお問い合わせ方法

メールフォーム

E-mailを送る
お名前*、メールアドレス*、住所(都道府県名のみで構いません)、電話番号、お問い合わせ内容*を記入の上、下記のメールアドレスまで送信してください。(*印は必須。)
「竹工房 喜節」
E-mail:take.kisetsu@gmail.com

※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。

Tag:竹バッグ  Trackback:0 comment:0 

軽やかな雰囲気~喜節の竹バッグ~

ブログ更新、ご無沙汰しておりました。

この冬は喜節の二人、風邪もひかずに元気に過ごしておりましたが、
(昨年の冬は、二人で風邪をひいたら相手に移し、引いたら移し、、3回くらい繰り返しておりましたが、、、)

ついに、kinokoダウン致しまして、ブログに向かうことが出来ませんでした。

細川に移すこと無く、快復してひと安心。

今年の春は、雨がよく降るので、雨にあたって風邪など引かないように、皆さまも気をつけて下さいね★


さて、前に紹介した、新しいバッグ。

出来ましたよ~!!

喜節の竹バッグ(白)1

とても軽やかな雰囲気に仕上がりました。

編み方もよりシンプルに。

染籠漆塗り<<染籠のバッグの編み方


このバッグの色は、白の皮剥きの竹にそのまま漆を塗ったものです。

籠 漆塗り前1<<漆を塗る前。


喜節の竹バッグ(白)2
<<セカンドバッグ

喜節の竹バッグ(白)4
<<クラッチバッグ(大)

喜節の竹バッグ(白)3
<<クラッチバッグ(小)

開くと中はこんな感じ。
(内側はこれまでの染めたバッグと同じです。)

喜節の竹バッグ(白)5
ファスナーのポケットとカード(名刺)が2枚入れられます。
側面にゴムバンドが付いていますので、そちらにも、携帯電話などが挟めます。

喜節の竹バッグ(白)6
ファスナーのポケットとカード(名刺)が4枚入れられます。

喜節の竹バッグ(白)7
真ん中の仕切にカード(名刺)が1枚入れられます。

これらの竹バッグは、これから喜節の竹バッグのラインナップになります。

そんな喜節の竹バッグ、今年は5月・6月・8月と百貨店や京都市内のギャラリーでの展示会で、ご覧頂けます。

展示会の詳しいことが決まり次第、ブログにてお知らせ致しますので、また覗いて下さいね★

by kinoko



竹工房「喜節」では、竹のバッグ、花器、盛器等を製作しております。
現在、個人のお店はございません。ご購入は展示会又は商品取扱店に来ていただくか、こちらのブログのメールフォームから、直接ご注文いただく形になります。
商品の制作は、竹割り(材料作り)から編み、漆仕上げまで竹かごの工程全てを職人が一人でしておりますので、申し訳ございませんが、ほとんど在庫がありません。
受注生産の際はご注文頂いてからお客様のお好みに仕上げていきますので、注文後3~4ヶ月お時間をいただいております。
年に何回か、京都市内施設で実演もしております。実演中、商品の販売はしておりませんが、商品に関するご相談は承りますので、気軽にお声掛けください。
尚、展示会・実演日程についきましては、ブログにてお知らせいたしますので、ご確認ください。

どうぞ、ご注文・ご質問等、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。


◆竹工房「喜節」へのお問い合わせ方法

メールフォーム

E-mailを送る
お名前*、メールアドレス*、住所(都道府県名のみで構いません)、電話番号、お問い合わせ内容*を記入の上、下記のメールアドレスまで送信してください。(*印は必須。)
竹工房「喜節」
E-mail:take.kisetsu@gmail.com

※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度 E-mail:take.kisetsu@gmail.com から問い合わせください。

Tag:竹バッグ  Trackback:0 comment:0 

商品②クラッチバッグ(染竹)‐大‐

洋服やパーティー服にも似合う竹バッグ。

クラッチバッグ(染竹)‐大‐

クラッチバッグ‐大‐/竹工房 喜節

内側はこのような感じです。
クラッチバッグ‐大‐(開)/竹工房 喜節
カード4枚入れられます。

・マグネット留め具
クラッチバッグ関連1/竹工房 喜節クラッチバッグ関連2/竹工房 喜節
・持ち手は取外し可。持ち手を付けたまま仕舞う事もできます。
 クラッチバッグ関連3/竹工房 喜節クラッチバッグ関連4/竹工房 喜節

竹バッグと言うと和装に合う物が多いですが、鎖の持ち手を出して洋服にも、

鎖の持ち手を外し、直接手でもってパーティーにも持っていただけますよ!!

セカンドバッグ同様、真田紐も好みのものにかえられます。

内側にはファスナー付きのポケットがありますので、お財布を兼ねて使うことも出来ますよ。


素材:竹(染竹漆仕上げ)・籐・真田紐・金具(マグネット/持ち手の鎖)・布・和紙
内側:チャック付き仕切り有
※真田紐/内布の変更可能



「竹工房 喜節」では、竹のバッグ、花器、盛器等を製作しております。
現在、個人のお店はございません。ご購入は展示会又は商品取扱店に来ていただくか、こちらのブログのメールフォームから、直接ご注文いただく形になります。
商品の制作は、竹割り(材料作り)から編み、漆仕上げまで竹かごの工程全てを職人が一人でしておりますので、申し訳ございませんが、ほとんど在庫がありません。
受注生産の際はご注文頂いてからお客様のお好みに仕上げていきますので、注文後3~4ヶ月お時間をいただいております。
年に何回か、京都市内施設で実演もしております。実演中、商品の販売はしておりませんが、商品に関するご相談は承りますので、気軽にお声掛けください。
尚、展示会・実演日程についきましては、ブログにてお知らせいたしますので、ご確認ください。
どうぞ、ご注文・ご質問等、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。

◆「竹工房 喜節」へのお問い合わせ方法

メールフォーム

E-mailを送る
お名前*、メールアドレス*、住所(都道府県名のみで構いません)、電話番号、お問い合わせ内容*を記入の上、下記のメールアドレスまで送信してください。(*印は必須。)
「竹工房 喜節」
E-mail:take.kisetsu@gmail.com

※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度 E-mail:take.kisetsu@gmail.com から問い合わせください。

Tag:竹バッグ  Trackback:0 comment:0 

商品①セカンドバッグ(染竹)

セカンドバッグ(染竹)

セカンドバッグ/竹工房 喜節

内側はこのような感じです。
セカンドバッグ(開)/竹工房 喜節
真ん中の仕切にカードが2枚入れられます。


竹のバッグでは、女性ものの手提げバッグなどをよく見掛けますが、男性ものはなかなか無いので、男性が気軽に持ち歩けるようにと作りました。

竹のしなやかさが程よく出ていて、手のあたりがやさしい中でも、丈夫に作られています。

バッグの持ち手には京都の唯一手織りである「江南」さんの真田紐を、

金具には工芸仲間の「是空庵」石原利通さんに作って頂いたものを使っています。

真田紐の色を変えて女性の方にも持っていただいていますよ~。

素材:竹(染竹漆仕上げ)・籐・真田紐・金具・布・和紙
内側:チャック付き仕切り、両側ゴムバンド有
※真田紐/内布の変更可能



竹工房「喜節」では、竹のバッグ、花器、盛器等を製作しております。
現在、個人のお店はございません。ご購入は展示会又は商品取扱店に来ていただくか、こちらのブログのメールフォームから、直接ご注文いただく形になります。
商品の制作は、竹割り(材料作り)から編み、漆仕上げまで竹かごの工程全てを職人が一人でしておりますので、申し訳ございませんが、ほとんど在庫がありません。
受注生産の際はご注文頂いてからお客様のお好みに仕上げていきますので、注文後3~4ヶ月お時間をいただいております。
年に何回か、京都市内施設で実演もしております。実演中、商品の販売はしておりませんが、商品に関するご相談は承りますので、気軽にお声掛けください。
尚、展示会・実演日程についきましては、ブログにてお知らせいたしますので、ご確認ください。
どうぞ、ご注文・ご質問等、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。

◆竹工房「喜節」へのお問い合わせ方法

メールフォーム

E-mailを送る
お名前*、メールアドレス*、住所(都道府県名のみで構いません)、電話番号、お問い合わせ内容*を記入の上、下記のメールアドレスまで送信してください。(*印は必須。)
竹工房「喜節」
E-mail:take.kisetsu@gmail.com

※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度 E-mail:take.kisetsu@gmail.com から問い合わせください。

Tag:竹バッグ  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆