2015年上四半期

「平成26年度 京ものユースコンぺティション」にてグランプリを受賞した1月から

3月の「伝統産業の日」~京ものユースコンペティション受賞作品 展示販売会~までとても多忙を極めた細川。

「BRAND NEW KYOTO プロジェクト 2015 in KITTE」
「竹工芸公募展 in 京都2015」
京もの工芸品「京都オークション2015」
伝統工芸品の展示販売会「職人たちの競宴 in 天界」
「伝統産業の日」~京ものユースコンペティション受賞作品 展示販売会~

各展示会、ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

たくさんの出会い、ものづくりで生活していくことに関する考え方の共有、

職人・作家・販売などそれぞれの目線からの交流と、

とても充実した色濃い3ヶ月になりました。


さてさて、最近の細川家はてんやわんやでした。

注文をいただいているお客様にもお待たせしてしまい、ご迷惑をおかけしております。

と言いますのも、3月に無事赤ちゃんが誕生し、家族が増えたからです。

竹ベビーかご

今は竹かごに入ってスヤスヤ寝ています。

私もなかなかまとまった時間は取れませんが、

徐々に隙間を見つけて仕事を再開できればいいなと思っています。

これからもっと大変ですが、この子と共に細川も私も成長していきたいです。

by okuhan



◆ お知らせ ◆
KBS京都ラジオに出演します。
「本多隆朗の京のあったか円かじり」
放送日時 : 4月19(日)・26(日) 朝6:25~6:55
番組コーナーの「京の匠」でパーソナリティーを務める住職の本多さんとお話をしてきました。
二週にわたっての放送になります。
早朝になりますが、宜しければお聞きください。
スポンサーサイト

Tag:日記by okuhan  comment:0 

ブログ再開しました!

四方網代編文筥
四方網代編文筥

遅くなりましたが、若手職人「京もの認定工芸士」作品展、無事に終了致しました。

ご来場いただき、ありがとうございました。


ここ数日ブログ停止しておりましたが、工房移転に伴いリニューアルをして本日より再開しました。

これからも喜節の情報を発信していきますので、お気軽にご覧下さい。

by kinoko

Tag:日記by okuhan  comment:0 

ひと手間加えてみる

京おみやげといえば、やはり「生八つ橋」。

今はサツマイモや栗、白味噌あんなど、季節に合わせていろいろな味の生八つ橋がでています。

京都に来てからは、帰省するときにおみやげとして買っていくぐらいで、

生八つ橋を食べる機会が減ってしまいましたが、

この間私の職場のお姉さんに「蜜りんご」の八つ橋を頂きました☆

F1000069.jpg

そのまま食べるのも、もちろん美味しいですが、

ひと手間加えて、生八つ橋の皮がカリッとするまで、

フライパンなどで焼いてたものも、また美味しいのです。

サツマイモ味の生八つ橋などに特にオススメですね!

是非お試しを☆

by kinoko

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

ひろがる酸っぱい香り

近頃、りんごや文旦やみかんなどなど、果物が充実している喜節。

この間、木工の作家さんから立派なレモンを頂きました。

IMG_1356.jpg

去年買っていた果実酒用ブランデーがあったので、

レモンをぬるま湯でゴシゴシ洗い、小ぶりのキウイと共にまたまた果実酒作りです。

IMG_1369.jpg

今回は初の試み、上白糖を使ってみました☆

なんだか雪化粧しているみたい。

IMG_1373.jpg

三週間後には飲めるようになるとか。

美味しくできるか楽しみです。

by kinoko

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

干支の引き継ぎ式をしました。

2013年になって早くも一週間が経ちました。

今日は七草がゆを食べる日ですが、

スーパーへ七草を買いに行ったら、もう並んでいませんでした、、、o(TヘTo) くぅ

なので、泣く泣くポトフをして、〆にカレーリゾットをしました。

これで、お腹が休まるのかどうか、、、

引き継ぎ式龍から巳1

さてさて、年が変わって干支の飾りも引き継ぎです。

昨年一年間、玄関先で見守っていてくれた「辰丸くん」。

引き継ぎ式龍から巳8

おかげで、怪しい侵入者もなく無事に一年過ごしました。

ありがとう!お疲れ様です!!

引き継ぎ式龍から巳2

その「辰丸くん」から、kinokoが見守る中、、、

引き継ぎ式龍から巳3
引き継ぎ式龍から巳4
引き継ぎ式龍から巳5

新しい年、「ヘビースケ」へ引継ぎをしました。

引き継ぎ式龍から巳6

京都産の杉やひのきで、椅子や箱ものを作られている「ワシタカ工藝」さんの干支シリーズ。

北山杉の磨き丸太の年輪をうまく使って作られていますよ!!

辰丸くんを手に入れたときは1月の天神さんでしたが、今回のヘビースケは昨年のうちに購入していたので、年明けすぐに飾ることが出来ました。

今月の天神さんでも、もしかしたらまだ手に入るかも!

出店情報などは、ワシタカさんのBlogを覗いてみてください☆>>「ワシタカ日和」

引き継ぎ式龍から巳7

2013年はこの「ヘビースケ」に玄関先の顔として頑張ってもらいましょう。

よろしくお願いします。

by kinoko

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

ここ一ヶ月は…

今日は2012年最後の日。

師走というだけあって、この一ヶ月は時がバドミントンのスマッシュのごとく、過ぎていきました。

そんな日々を少し写真と共に・・・

寒い日には…

今年は短い秋だった京都。冷え込む夜には、今年手に入れた「いろ絵やさん」のマグで、しょうが紅茶をいただきました。

マグの絵付けのような雰囲気でホッと落ち着きますね。

大根だき
大根だき2

毎年欠かさず、行く千本釈迦堂の大根炊き。

今回は、タッパーを持って行き、お持ち帰りしました。

今年の無事と来年も大病せずにすみますように<(_ _)>。

裁縫箱

細川が天神さんで、道具箱二号を手に入れたもよう。元は後ろの隙間にものさしが入る裁縫箱。

私がほしいくらいなのですが、譲ってくれないみたいです。残念。。

善通寺

そしてそして、私の田舎のある善通寺で、今年の無事に過ごせた感謝のお参り。


今年も後少し、年末になって、私はくしゃみのし過ぎで腰をゆわしたり、細川はお腹を壊したりしましたが、来年も健康に気をつけて、皆様に喜ばれるものづくりをしていきたいと思います。

皆様も良い年を迎えられますように。

by kinoko

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

重陽の節句ですが、、、

今日は私がお華のお稽古で使った花を玄関に飾っています。

重陽の節句

重陽の節句。といえば、菊ですね。

今はまだ縮こまってますが、ここからわーっと花びらが広がってくると、

なぜか嬉しくなってしまいます。

なのですが、今の工房の主役はコチラです↓↓↓

ギボウシ

ギボウシ。

薄紫で見ているとなんだか落ち着きます。

花言葉が「落ち着き」「沈静」「静かな人」。うん、そんな感じ。

去年は1本でしたが、今年のギボウシはとても元気!

2本の茎に花が4~5つずつ、下から順番に咲いていきます。

将来的には、順調に株分けして、竹の花入れにすっと挿してみたいですね。

今年のギボウシは残りあと少し。楽しみたいと思います。

by kinoko

喜節の花入れはこちらをご覧下さい>>Gallery‐商品‐花籠

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

うなぎが食べたくなる時期

ふと気づいたらブログの更新にダイブ間が空いてしまいましたっっ(・_・;)汗

京都は連日暑さが続き、時折もの凄く強い雨が降るような安定しない天気の日々です。


さて、喜節では夏にこだわらない、一年のうち出来るだけ長い期間持ってお出かけしてもらえるような竹バッグづくりを目指しておりますが、

やはりこの暑い夏が多くの方にとって竹商品を見て頂くのにいい時期で、

白竹で作られた籠は今も昔も涼しげな印象を与えてくれます。

この前、電車に乗っていると女子学生さんが「かごバック欲しいね」と話しておりましたが、

季節にあったものを身につけるのっていいですよね!こんなところにも日本の四季を感じてしまいます。


現在、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。8月10日(金)まで!宜しければお立寄りください。


明後日は土用の丑の日。今年はかなりの高値ですが、食べたい。

この夏、乗り切るにはあのスタミナ食が必要です!!

少しでも食べようと思います☆

まだまだ夏も始まったばかりですが、皆さまも体調には十分お気をつけください。

by kinoko


!!お知らせ!!

◆現在、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。
期間:~8月10日まで。※期間延長しました。
ギャラリー「品」‐SHINA‐
ギャラリー「品」‐SHINA‐さんのホームページはコチラから。
住所:〒604-8165 京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
>>地図
TEL:075-257-5567
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日

◆JR大阪三越伊勢丹 美術工芸フロアにて 2012.8.17(金)~28(火)まで、喜節の竹バッグ出品予定です。
詳しい内容につきましては決まり次第、ブログにてお知らせします。

◇江南さんの真田紐も使用されている水上バイクの展示です。
YAMAHA「Royal WaveRunner」 展示
期間:2012/7/2(月)~7/31(火) ※夜間は消灯しています。
場所:ホテルグランヴィア京都 ロビー(2F)
※鑑賞は無料です。

ギャラリーカフェ 京都茶寮 で「あなたが選ぶ真夏の冷酒杯」展が開催せれています。喜節からは出品しておりませんが、作家仲間が出品していますので、こちらもYAMAHA「Royal WaveRunner」と合わせて是非!!
期間:6月30日(土)~8月30日(木)
~7月31日(火)の間、一般投票が行われています。
大賞作品に投票された方の中から抽選で1名様に、その大賞作品が!また投票者全員の中から抽選で20名様に、京の酒1本がプレゼントされるそうです。
喜節の二人も投票してきましたよ~☆

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

半年の大晦日は水無月を。もう半年が始まる半夏生には??

水無月

半年の大晦日、6月30日は和菓子の水無月。

あずきは悪魔払い。

白いところは氷のイメージで、暑気払いの意味があるそうです。

工房の近くには和菓子やさんも多いのですが、30日の午前中に和菓子やさんの前を通るとずらーりと行列が!!

そのときはん?!何の日??と思って気付かず、ハッと気づいたときには夕方。

もちろん和菓子やさんには間に合わず、普通のスーパーの水無月をいただきました。

くどくなくて大きさの割にさらっと食べれちゃいます。とても美味しかったです☆

でも、来年は和菓子やさんのを、、、ね☆彡


そしてそして、半夏生には、、蛸!!なんだそうです。

細川家では、ゆでたこのお刺身とお酒のつまみにぴったりのこちらをいただきました。

半夏生には?
(うまいよーってシンプルでなんか好き。お酒にピッタリ☆うまかったよー(´▽`))

稲がたこの足のようにチカラ強く根を張るようにとの想いで半夏生の時にたこを食べるようになったんだとのこと。

竹工房 喜節も着実に竹バッグという根を張っていけるように、あと半年目標に向かって気合いを入れ直して明日からも頑張ります!!

by kinoko



!!お知らせ!!

只今、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。

ギャラリー「品」‐SHINA‐
ギャラリー「品」‐SHINA‐さんのホームページはコチラから。
住所:〒604-8165 京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
>>地図
TEL:075-257-5567
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

金星太陽面通過★

話題が古くならないように、写真だけでもupさせてもらいます!!

金環日食ではカメラ撮影が失敗してしまいましたが、

今回はちゃんと本を読んで、リベンジです。

☆京都 朝8時   角度40度ぐらいの撮影 
太陽面金星通過1

☆京都 午前11時 ほぼ真上の撮影
太陽面金星通過3

☆京都 午後11時 ほぼ真上の撮影
太陽面金星通過4

近畿では台風の影響もなく、朝から空は快晴でした。

太陽の光がとても強く、なかなか金星をとらえることができませんでしたが、

うす雲が通り過ぎる時に撮影!!

キレイに撮れました☆彡

金星は地球と同じくらいの大きさ。

太陽って大きいんですね(*'▽'*)/

by kinoko



展示会のお知らせ!!

「工芸綯交ないまぜ十人展」

場所:くらふと・ギャラリー集(しゅう)
〒604-8106 京都府京都市中京区 丸木材木町680-3 TEL:075-254-3720 ?
   >>地図
期間:2012年6月12日(火)~17日(日)

漆:東井美紗子/前田怜美
錺:伊庭拓也/大上浩司
木:尾崎祥太郎/小塚晋哉
竹:細川秀章/竹工房ゆうすい
陶:守崎正洋/武田公美

★細川の在廊日は14日(木)13:00~と17日(日)13:00~です

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆