全国一位の生産地

あっという間に11月です。

この時期にしては暖かい日が続いていますが、そろそろコタツをだそうかなと思う今日この頃。

ウォームビズを取り組むには、いろいろ準備が必要ですね。

ストーブとかホットカーペットとか探しに行かないとっ!


さて今日は、別府のお話。

先月は二人で福岡、大分、宮崎、熊本をぐるっと廻ってきました。

その中の大分・別府市は、細川が独立してやっていく決意をした、重要な土地です。

別府市は、竹工芸の編組で主に使用する真竹の生産が全国一位!昔から竹工芸が盛んな地域で、竹工芸の訓練支援センターという専門の技術訓練校もあります。

現在、全国で活躍されている花籠や竹バッグを作られている職人さんの中には別府で学ばれた方が数多くいらっしゃいます。

今回、別府に寄ることができたので、以前細川が別府に来た時、お世話になった作家さんにごあいさつへ。

別府市内で花籠を中心に竹工芸品を製作されている、林まさみつさんの工房におじゃましました。

丁寧に作られた細いひご。それでやわらかく繊細に編まれた小ぶりの花かご。

そんな作品の印象がぴったりな方です。

林さんはほかには無い、竹を自然の草木で染めた作品を作られていますが、竹は草木染が出来ないと私は聞いていたので、直接お会いする前に京都で林さんの作品をみてびっくりしました。

自然のものを自然のままに作り出されている作品は目に見えない手間がたくさん想像されます。

草木染いいな~、、、まだまだ憧れることしか出来ません。

喜節は喜節のバッグを作らねばなりません。

たくさん刺激を頂きました

突然の訪問にも心あたたかく迎えて頂き、ありがとうございました。



その後、別府市竹細工伝統産業会館に行き、別府の作家さんの作品を見させていただきました。

F1000360.jpg
こんなに大きな作品がお出迎えしてくれます。

別府駅や大分駅にも何人で抱えるのかわからない花かごが置かれているんですよ~

作家さんの作品も力強さを感じるものが多く、面白くて圧倒されます。

京都ではなかなか見れないラインナップです。


竹工房「喜節」としてスタートの時期に、別府に訪れることができて、とてもよかったです。

私も家業の手伝いのスタートラインに立てた気がします。

いい機会になりました。


あ、そういえば、、、

先日、細川がバッグの金具でお世話になっている是空庵・石原さんの妹さんが仕事の打ち合わせでこちらの工房にいらしたときに、
F1000370.jpg
このようなお菓子を出したのですが、どんなお菓子なのか何も言わずにお出ししたので、もしかしたらびっくりされているんではないかと思うのですが、、、

このお菓子、博多で買った「明太ロッシェ」というチョコレートのお菓子なんです。

その名の通り明太子が入っているので、ちょっと不思議な感じです。

口に入っているときは普通のホワイトチョコレートのクランチみたいですが、ちょこれーとが溶けてなくなるくらいにピリピリっと明太子の味が残ります。

びっくりされていたら、すみませんっっ

そんなお菓子でした。


by kinoko
スポンサーサイト

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

国民文化祭「植物園大茶湯」

京都で行われている「第26回国民文化祭 京都2011」。

大詰めの週末ですが、あいにくの雨模様。

今日で最終日になりましたね。

この一週間京都のあちらこちらで、いろんなイベントが開催されていました。

11月3日は京都にある植物園で「大茶湯」。

豊臣秀吉が北野天満宮で行った「北野大茶会」のごとく、誰でも参加できるお茶会ということで、、、

お抹茶やお煎茶をはじめ、桑の葉茶や中国茶、紅茶などさまざまなお茶を楽しむことができるということで、面白そうなので、出掛けてきました

まず、イメージキャラクターのまゆまろが菊人形に。
F1000371.jpg
高校生たちがお抹茶でおもてなし。
F1000376.jpg
F1000377.jpg

私は前々から煎茶が気になっていたので、お煎茶を2箇所巡ったのち、ハーブティを飲んでほっこりしました。

お煎茶は初体験。

2箇所目に行ったお煎茶は、啜り茶席と言って茶碗にそのまま茶ばとお湯をいれて、フタをして、飲む人は茶碗のフタを少しずらして、茶碗の隙間からすするようにお茶をいただきました。

お煎茶のお茶は、抹茶と違った味の深みがあって、結構濃いんだな~と感じました。

お道具も見たことがないものばかり。その中に早川尚古斎氏の茶籠もありました。

帰ってから、細川に話すと早川尚古斎氏が載っている書籍を広げて、

「早川尚古斎氏は煎茶道具を作っている人だからね~」っと、なるほど。

本にはお煎茶のことも書いてあったので、この本読んで行けば良かったと、後悔しました

やっぱり少しは勉強して行かなくてはいけませんね。


この日は植物園も入園料が無料で入れるのでたくさんの人が秋桜など秋の花を愛でていました。

植物園ウエディングって言うのもあって、バラ園の中でウエディング姿のカップルが写真撮影しているところにも遭遇して、幸せのお裾分け。
F1000372.jpg
F1000373.jpg
他にも竹笹園にはいろんな竹や笹が植わっていて、
F1000378.jpg
これは「ムツオリタケ」って面白い竹もありました。
F1000379.jpg
普段は200円で入れる植物園ですが、季節ごとに咲いている花も様々、観るもののボリュームがあるので、家族やご夫婦のゆったりとした語らいにはもってこいの場所。

私も久し振りにきましたが、やっぱり良いところです。

私が好きな水車もちゃんと動いてます。
F1000374.jpg
水車の保存会というのもあるらしく、水車小屋の中では昔ながらに水車の動力で粉をひいていました。

12月からここで挽いた粉を使って、近くのパン屋さんで米粉パンを売るんだそうです。

あ~、気になります。

by kinoko
テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

メガネちゃん

やっと秋らしい気候になりましたね。

でも、まだまだ気温に波がありそうなので、体調には気をつけないと!

と言いながら、私も細川も鼻がぐずっています

季節の変わり目に弱い二人なので、この冬は生姜を取り入れようかなと。流行遅れですが、ホワイトシチューに生姜を入れたりとホットに、気合を入れて寒さを乗り切ります!!

さて、体が資本の私たちの仕事。

今日は大事な"目"のために新しい眼鏡買いに行きました☆彡
20111109224650.jpg
前回は失敗したので、眼鏡するの嫌でしたが、今回は良さそうです!!

やっぱり自分で選ぶより、誰かに選んでもらったほうが"Good choice!"ですね。

眼鏡率が高くなりそうです。

細川も新しいの買いました!!

前のメガネはダイブ合わなくなってきていたようなので、新しいメガネになって、仕事がはかどりそう。

バンバン、バッグを作ってもらいましょう★

とても気に入ったのか、写真を撮らせてもらえなかったので、細川のメガネ姿は実演にて。

と言っても、実演でもほとんどコンタクトなので、細川のメガネ姿を見た人はロ〇6当たるかもしれませんよ。

by kinoko

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

実演の準備

今日の作業は…
20111112173016.jpg
学校の卒展で作ったトランクを傍らに、実演の準備。

実演に行く場所や日数にもよるんですが、週一とか一日だけのときは、材料を用意して行きます。

今日は茶托の材料作り。

一枚に50数本のひごを作ります。

先月入っていたみやこめっせの実演に作っていた茶托。
20111112173142.jpg
五枚セット、できあがりました

実演に行くときはトランクに材料と道具、弁当などを全部入れて、実演中には展示しています。

トランクは商品化されるまで、まだまだ準備が必要ですが、いろんなところに持ち歩いて、実用化に向けて持ちやすさ、丈夫さを試しています☆彡

課題はありますが、確実に前に進んでいますよ~


さて、来月はみやこめっせと嵐山の方で実演にします!!

また詳細決まりましたら、ブログでお知らせしますね★

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

実演のお知らせinみやこめっせ

みやこめっせでの実演の詳細が決まりましたので、お知らせします!

京都市勧業館「みやこめっせ」

こちらの地下一階

京都伝統産業「ふれあい館」で実演します(´∀`*)

こちら、「ふれあい館」では京都の伝統工芸品の紹介をしている施設で

京のものづくりに関して数多くの展示をしています。

この「ふれあい館」の中に実演ができる所がありまして、

常に何かしら京都の工芸の実演が見られます!!

ふれあい館内のテレビには各工芸品の作業風景の紹介が流れていますが、竹工芸は細川の作業の姿が流れていますのでこちらも宜しければ、ご覧下さい。

細川 実演日程
日にち 2011年 12月6(火),11(日),20(火),25(日)日
時間  10:00~16:30
場所  京都勧業館みやこめっせ
地下一階京都伝統産業「ふれあい館」にて

こちらには無料で入れますので、是非細川の仕事を見に来てください★

by kinoko
テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

今日の京都は二人の虜★

今日は何といっても、ブータン国王と王妃の話題です。

京都の観光と伝統文化・伝統工芸に触れられるということで、細川の母校が運営する「京都伝統工芸館」にいらっしゃいました。

細川も卒業生として竹工芸の実演しました。

メディアには少し様子が出ていましたが、報道されている通り、あの柔らかい雰囲気で国王が王妃の手を握りながら、じっくりと学校の学生と卒業生の作業の様子や説明を聞かれていたようです。

細川のバッグも手にとって見て頂いたようでとてもよかったです。

私も搬入のお手伝いをしましたが、その場に残るわけにはいかないので、仕事の材料の買い出しや展示会場の見学をしに行って工芸館に戻ってくると、工芸館前はすごい人だかり。

20111119143156.jpg
ちょっと分かりづらいですが沢山の傘が並んでいます。

国王と王妃が出て来られると沿道からは黄色い声援。

かっこいい国王と綺麗な王妃ですから、そうなりますよね。

私は結局、生で見られませんでした。

でも、なんだか嬉しいです。

実演には学生もたくさん来ていたので、私もなんだか負けられないって刺激になりました。

これからも細川とイイものを作って行きたいと思います!!


さて、12月の実演が決まりましたのでお知らせします。

・細川実演日程
2011年 12月6(火),11(日),20(火),25(日)日
10:00~16:30
京都勧業館みやこめっせ内
地下一階京都伝統産業「ふれあい館」にて


・細川実演日程
場所 「二尊院」
日にち 12月14~18日
時間 17:00~20:30

嵐山の方はとても寒い会場なので、暖かくしていらしてくださいね~

by kinoko

Tag:喜節の作業日記  Trackback:0 comment:0 

実演のお知らせin二尊院

今年もあと少し。

これからの京都はどんどん冷えてきますが、紅葉に合わせていろんなところでライトアップしています。

清水寺や高台寺、永観堂。

今年は色づきが遅れていますが、徐々にいろんな色を楽しめるようになってきました。

12月には嵐山も山や竹林を光が照らし出し、幻想的な雰囲気を楽しめますが、その嵐山で実演の仕事が入りましたので、お知らせします!

細川 実演日程
場所  「二尊院」
日にち 12月14~18日
時間 17:00~20:30


嵐山花灯路の期間にありまして、いろんなイベントが開催されています。

嵐山スタンプラリーとかスターバックスがコーヒーをもてなしたり、してたと思うですが、、、

その一環で、二尊院の夜間拝観と伝統工芸の実演をしていますので、細川の実演日程以外でも花灯路期間中は二尊院で伝統工芸の実演が見られます。

ご都合がつきましたら、是非、足をお運びください。

去年は、細川の搬出の手伝いをする予定だったんですが、熱を出して行けなかったので、今年はしっかりお手伝いできるように体調万全で向かいます!!

嵐山には暖かい格好をしてお出かけください。

関連記事
「今日から二尊院」(2011/12/14)

by kinoko
テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

ワイドショーで、、、

今日のお昼のワイドショー。

ブータン国王と王妃の来日の様子が流れた際に、細川も映っていたみたいです。

ブータン国王が竹工芸と蒔絵がみたいというリクエストで、工芸館にいらした際に学生二人と一緒に実演していた所の映像だと思いますが、どんな風に映っていたのか、わかりません。

私も見たかった、、、

細川に「映っていたよ」と連絡してくださった方がいて知りました。

教えていただき、有難うございました!

by kinoko

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

仕事の強力助っ人

近頃京都は真冬です。

全国的に寒いみたいですね~

ついに炬燵つけました。ッホ。


今週の水曜日は勤労感謝の日。

この日は一日中、外まわり。

まず工藝百職に行って、木工家の荘司 晶さんの個展を見てきました。

荘司さんは細川と同じ学校で、京指物を学び、今は独立されているんですが、細川とは一昨年の春に工藝百職で「二人展」をさせていただいたことがあって、それ以来の個展ということで楽しみに出かけました。

この道を志す前、板前だった荘司さんは使い手にとって扱いやすいちょっとした(でも重要な)気遣いが感じられるものを作られているなあと私は思っているんですが、二人展以降、さらに漆を勉強されて、今回の展示には前からそこに有ったような自然な存在感のある作品が並んでいました。

少し写真を撮らせてもらおうと思ったのですが、ひっきりなしにお客さんがいらっしゃるので、撮らせてもらうのを忘れてしまって、展示会の様子を載せられないのが残念なのですが、工藝百職のブログに記事が乗っているのでよかったら、こちらをご覧下さい。→「百職手帖」

細川とkinokoも実は写真の中に入っています。

荘司さんの個展は明日までですが、よかったら足をお運びください。


その後は手芸屋さんに行ったり、ユザ〇ヤに行き忘れたり、

そしてそして、、某家電量販店に=3=3


20111124001157.jpg


強力助っ人!デジタル一眼!!

ついに買っちゃいました★

実は今まで私のケータイで写真を撮っていたんです、、、

ケータイのカメラと私の相性がそこそこ良いので、そこそこのものは撮れるんですが、デジタル一眼を手にした瞬間、感動です!!

すごい綺麗!でも簡単!!

さすがです。

今までカメラの知識が全くないので、細川の友人のお父さんにいろいろアドバイスいただきました。

AさんとAさんのお父さん、有難うございます(*´∀`*)

これからブログの方でも写真を充実させていければと思います!!

喜節で扱っている商品もサイドバーの竹工房喜節とはの「商品一覧」に少しずつ載せていこうと思いますので、また覗いて下さい★

by kinoko

Tag:喜節の作業日記  Trackback:0 comment:2 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆