西陣の和菓子やさん

さて、今日は工房の近所にあるどら焼で有名な和菓子屋さんの紹介です。

最近、喜節がお気に入りにしているお菓子屋さん。

かま八老舗

「京菓子司 かま八老舗」さん。

西陣にある和菓子の老舗です。

ダイブ前から気になってはいたのですが、やっと先日「西陣のどら焼き」を頂きました。

西陣のどら焼「月心」
西陣のどら焼き 「月心」

半月のどら焼きで生地には生姜が入っています。

袋から開けた瞬間、生姜のかおりがふわっと、そして中にはパンパンに詰められた粒あん。

とても美味しく頂いました。

食べた後も、生姜のかおりが残って、なんかポカポカしていました。

これからの時期にもピッタリですね!

少し温めてから食べるのもまた美味しそうです。

今度試してみよーっと★


京菓子司 かま八老舗
五辻通浄福寺西
不定休 8:30~18:30

by kinoko
スポンサーサイト

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

明日は実演日

いつの間にか、12月。

あっという間に年の瀬ですね。

底冷えがきつい京都は、夜に冷え込むと昼間の気温に関係なく、冷蔵庫のように寒いままです。

そこで、今月から作業場にホットカーペットを入れました。っぽ。

この冬は、電気をなるべく使わないように、暖房器具の検討中です。


さて、明日はみやこめっせの実演です。

茶托を編む作業をする予定。

ご都合つきましたら、覗きに来て下さいね~


12月の実演
12月は2会場で実演をします。

・京都市勧業館「みやこめっせ」ふれあい館内にて
詳しくはコチラ

・嵐山花灯路期間中「二尊院」にて
詳しくはコチラ


by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

千本釈迦堂~大根だき~

今日は24節気の一つ、「大雪」の日。

『雪が激しく降り始めるころ。冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころ。』

なのだそうですが、確かに京都のいろんなところにある南天の実は色鮮やかな朱色に染まっています。

そんな日に千本釈迦堂では「大根だき」が行わられます。

工房からは目と鼻の先に千本釈迦堂があるので、何か行事があるとよくお邪魔するのですが、

そんなspotをちょっぴり紹介。

大根だき1

釈迦が悟りを開いた日に感謝する法要「成道会」と合わせて伝わる行事で、元々は、大根を縦半分に切り、梵字を書いて魔よけとしたのが始まりとされ、江戸時代になってから悪病退散を祈って食べる風習になったんだそうです。

大根だき2

大根だき3

境内の紅葉も丁度、見ごろ。

今年は暖かいせいか、少し色つきは悪いですが、ちょっぴり紅葉狩り。

大根だき4

この先が本堂。手前で大根だきの券を買います。

大根だき7


美味しい大根だきが、、、

コチラ!!

大根だき6

大っきい輪切り大根が3こと甘く炊いたおあげが一枚。

写真は少し小さく見えますが、かなりのボリュームです。

去年はテレビで紹介されたためか、2日目の昼過ぎに伺うも売れ切れまじかで、4分の1位しか頂けなかったのですが、一人一碗は少し多いので、二人で一碗をいただきます。

去年は量が少なかったからか、大根だきのあとにふたりして風邪を引くという、、、ありゃりゃ。

今年は2分の一。どうかなあ~。

元気に年を越したいです。


おかめ物語でも有名な千本釈迦堂。

宝物殿には重要文化財が整然と並びます。

とても見ごたえのあるお堂ですので、お近くにいらしたときには是非、お立寄りくださいね★

あっちなみに大根だきは明日(8日10:00~16:00)まで!!


千本釈迦堂(大報恩寺)
〒602-8319 京都府京都市上京区五辻通六軒町西入溝前町1034

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

おでん、おでん、おでん。

今日から本格的な真冬。

キーンとした空気、澄んだ夜空。

辺りはおでんのかおり。あ、こっちでも。

それにつられて、うちでもちょっぴりおでんにしちゃいました。

やっぱりこの寒さに、おでんは最高ですね(*'▽'*)♪

そんな冷え込んだ今夜から嵐山の花灯路、始まりました

二尊院でも境内で伝統工芸の実演などが見られる、夜の特別拝観が始まっています。

前半は陶芸作家と金工作家が、細川は14日から登場します。

保津川から望む山々、渡月橋、竹林がライトアップされ、灯篭がやわらかい光を灯す嵐山へ是非、お越しください。

とても寒いと思いますのでよく着込んでいらしてくださいね★


そして、ついに明日は、大撮影会!!

強力助っ人と三脚、その他もろもろ揃ってきたので、商品たちを撮ってみようと思います!
この間、工房にやって来たカメラのこと

ブログに載せられるように頑張ります★


12月の実演
12月は2会場で実演をします。

・京都市勧業館「みやこめっせ」ふれあい館内にて
詳しくはコチラ

・嵐山花灯路期間中「二尊院」にて
詳しくはコチラ

by kinoko

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

商品の写真、アップしました!

土曜日の真夜中は皆既月食でしたが、見逃していしまった喜節です。

気づいたときには満ちはじめていました、、、残念です。

さて、その土曜日に新しいカメラで商品の写真を撮ってみました!!

まだまだお見苦しい点等ございますが、主力商品一覧、Gallery‐商品‐に載せましたので、よかったら覗いて下さい★

Gallery‐商品‐

by kinoko

Tag:喜節の作業日記  Trackback:0 comment:0 

今日から二尊院。

20111214125646.jpg

今日の天気予報、先週までずっと付いていた雨マークがなくなり、ひと安心。

今日は搬入、納品、夜は二尊院へたくさんの荷物をもって、細川が動きまわっています

雨が降ると手がふさがってしまい厄介だったので、よかったです~

しかもとてもいい天気。

寒さもそこそこ。

今日から二尊院での実演が始まります。

この時期、毎年開催されている嵐山の花灯路。

その一環で嵐山周辺の寺院では、夜の特別拝観が開催せれています。

その中の二尊院で金工の作家さんと一緒に細川が竹工芸の実演します。

細川 実演日程
場所  「二尊院」
日にち 12月14日(水)~18日(日)
時間 17:00~20:30(20時受付終了)


今回も細いひごで、茶托や盛りかごを編んでいると思いますよ

二尊院は嵯峨嵐山駅から少し距離がありますが、ジャンボタクシーが無料送迎をしてくれています。

ジャンボタクシー無料送迎
二尊院⇔JR嵯峨嵐山駅(約15分間隔)


夜に向けて冷え込んできますが、是非こちらのタクシーを利用して、暖かい格好でお出かけください。

・嵐山花灯路についてはコチラ
期間2011年12月9日(金)~18日(日)

二尊院 にそんいん
本尊に釈迦・阿弥陀の二如来(重文)をまつる天台宗寺院。慈覚大師円仁が開基し、応仁・文明の乱のあと法然の弟子湛空が再興。参道は「紅葉の馬場」と呼ばれる。建立:834-847年

■夜間特別拝観/午後5時〜午後8時30分(8時受付終了)
■通常拝観/午前9時〜午後5時
■中学生以上500円・小学生以下無料

皆様のお越しをお待ちしております。

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

二尊院最終日!

凍えるような寒さが続く、京都。

一昨日の夜には工房の上の空からも雪がチラリチラリと落ちてきました。

今年の風邪は鼻にくるのか、くしゃみがやたら出る感じ。

ぬくい日が続いたり、冷え込んだりと相変わらず変な気象状態ですが、

何とか二尊院の実演も今日で最終日。

昨日の土曜日は人の出も多かったようで、たくさんの人に見て頂けているのかなと思うと、嬉しいですね。

今日の夜も雪が降るくらいの冷え込みが予想されますので、

お出かけの際にはくれぐれも暖かくして、風邪を引かないようにしてくださいね。

細川もカイロを背中に張り、全身ヒートテックで寒さ対策をしております。

それでも追いつきませんが、、、

私もカイロを貼って、搬出のお手伝いに行きたいと思います★

お時間がございましたら、是非足をお運びください。

細川 実演日程
場所  「二尊院」
日にち 12月14日(水)~18日(日)
時間 17:00~20:30(20時受付終了)


・嵐山花灯路についてはコチラ
期間2011年12月9日(金)~18日(日)

二尊院 にそんいん
本尊に釈迦・阿弥陀の二如来(重文)をまつる天台宗寺院。慈覚大師円仁が開基し、応仁・文明の乱のあと法然の弟子湛空が再興。参道は「紅葉の馬場」と呼ばれる。建立:834-847年

■夜間特別拝観/午後5時〜午後8時30分(8時受付終了)
■通常拝観/午前9時〜午後5時
■中学生以上500円・小学生以下無料

■□■ 関連記事 ■□■
「今日から二尊院!」(2011/12/14)

by kinoko


喜節のぷらばな
さて、今日から喜節のぷらばなと称して、ぷらっと寄ってもらうぐらいの話、喜節のプライベートな日記をちょびっと紹介。ブログのおまけみたいな感じでしょうか(笑)
まずはぷらばなの登場人物から。
喜節は細川とkinoko、夫婦ふたりで営む工房です。
竹の作業は細川が材料作りから仕上げまでを一人でこなし、kinokoは西陣織の会社で、機織り業の傍ら、喜節の雑用をしております。
これから、カテゴリ「日記bykinoko」の記事におまけで載せて行きますので、ぷらっと読んでいって下さいませ。

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

二尊院、実演無事に終了しました。

嵐山の花灯路、日曜日で無事終わりました。

今年の人出は約100万人以上、今までで一番多かったようですね。

最初の土日が合わせて約45万人近く来てたみたいです。

20111218194452.jpg
嵐電嵐山駅前

20111218194847.jpg
20111218194915.jpg
竹林のライトアップ

20111218195054.jpg
JRの踏切近く

20111218195625.jpg
落柿舎の前に干し柿のモチーフ

20111218195709.jpg
落柿舎のライトアップ

20111218195922.jpg
二尊院の門。閉門していますが、、、
20111218200227.jpg
門から中に入ったところ。焦ってぶれてしまいました、、、
20111218200713.jpg
二尊院の鐘。誰でも自由に鐘を打つことができます。
20111218202958.jpg
で、細川が実演していた所。

またまた、私のミスで実演中の写真を撮り忘れました((汗

実演中、凍える寒さの中、鐘がゴーンと鳴るので、

正月の「ゆく年くる年」みたいだと細川。

無事に風邪もひかずに実演終わることが出来ました。

見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

お知らせ!
年明けてから銀座の三越で細川の作品を一作ですが、出品します。
1月4、5日に売り場にも立つ予定ですので、また詳しいことが決まりましたら、ブログでお知らせします。

by kinoko


喜節のぷらばな
嵐山と言えば、細川のおススメは「祇王寺」。細川に教えてもらって、私もお気に入りです。5月に行くと青々とした苔のカーペットがとても綺麗。お茶のCMにも使われた円窓が有名です。山野草も丁寧に手入れされています。運がよければ珍しいものも見られますよ。秋には苔の上に紅葉が落ちて画になります~。
私のおススメはもっと山の方にある「愛宕念仏寺」。参拝者の奉納で彫られた1200体の羅漢さんが整然と並ぶ静かなお寺です。ぼーっと出来て落ち着きます。高校生の時に一人旅してた頃は、よく行きました。そろそろぼーっとしに行きたいな★
by kinoko


Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

茶箱展

年明けから銀座の三越で展示会があります。

茶道で使われる茶箱をテーマに売り場の特集として開催されるもので、細川も茶籠を一点出品します。

1月 4、5日は細川も売り場に立つ予定です。

「 茶箱展 」
■ 開催場所 三越銀座店 8F ジャパンエディション
■ 開催期間 2012年1月4日(水)〜17日(火)

tyabako.png
写真の茶籠が細川作です。

普段のラインナップには無い商品ですが、喜節のバッグを思わせるような茶籠に仕上がっています。

お近くの方は是非、足をお運びください。

■□■関連記事■□■
明日から茶箱展(2012/1/3)

by kinoko

Tag:展示会&実演のご案内  Trackback:0 comment:0 

2011年もあと少し

やはり師走は走り去るようで、

気が付いたらご無沙汰しておりました((汗

今日はギリギリまで仕事をして、細川は工房の大掃除。

私は普段の掃除に毛が生えた程度になってしまいました。

一年間、共に過ごしてきた工房にも感謝しつつ、

今年もいろんなところで出会いがあり、発見があり、11月には喜節として改めてスタートすることができました。

それもこれも喜節の周りでいろんな方が支えてくださるおかげです。

本当に有難うございます。

来年も少しでも多くお客様の喜びの声を聞けるように頑張って行きたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

!お知らせ!
年明けから銀座の三越で展示会があります。
茶道で使われる茶箱をテーマに売り場の特集として開催されるもので、細川も茶籠を一点出品します。
1月 4、5日は細川も売り場に立つ予定ですので、お近くの方は是非足をお運びください。
詳しくはコチラ

by kinoko


喜節のぷらばな
24日のクリスマスイブには工芸作家さんのお宅にお邪魔して、クリスマス&忘年会でした。プレゼントには自分達で作った作品を持ち寄りで交換会!私も間に合うようにヌイヌイいていましたが、冷や汗もんでした。はあ、間に合ってよかった。交換した作品は京薩摩の杯。もう少し手を加えたいとのことでまだ手元にありませんが、また出会えるのが楽しみです★
by kinoko

Tag:喜節の作業日記  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆