スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

フリーペーパーに載ります。

小紫陽花2012

早いもので、今日から新年度。

新しい芽が出てくる、「始まり」の頃になりました。

工房でも2年前からお世話している小紫陽花からキレイな葉っぱがでてきました。

喜節のブログを始めてからも、ちょうど1年が経ちました。

最近はなかなか細川の作業のことが載せられていませんが、

これからも細川の手仕事や竹工芸について、もっと皆さまに伝えていけるように、

書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします!!


さて、竹工房 喜節 京都で発行されているフリーペーパーに載せていただきました。

「京都コンシェル新聞」

京都コンシェル新聞 創刊号
>コチラ前回の創刊号

去年の12月から発行されていて、その中の「匠」の記事に載っています。

4月から、京都を中心に滋賀県の一部へ配布されています。

公共施設としては京都市内の図書館全館に設置されているそうです。

ブログでも、新聞が手に入り次第アップしますが、飲食店、サービス業、旅館・ホテルなどにも置いているそうなので、

見つけましたら、是非手にとって見てください!!

by kinoko

スポンサーサイト

Tag:喜節の作業日記  Trackback:0 comment:0 

手しごとの器・道具 テノナル工藝百職

今年の2月まで、京都の北区・紫竹にありましたshop「手しごとの店 工藝百職」。

4月28日より平安神宮からほど近い、新しい店舗でオープンします。

以前のお店も京町家のいい雰囲気、喜節二人にとっても思い出のある場所でしたが、
(不況の波で仕事が3ヶ月休業になり時間を持て余していたkinokoを、お店の改装にかりだしてもらって、なんとか乗り越えられたっけ★)

次のお店もきっといいお店になるんだろうなと、開店の日を楽しみに待っております。



手しごとの器・道具 テノナル工藝百職」<<詳しくはお店のブログ「百職手帖」へ
〒606-8397
京都市左京区聖護院川原町11-18
TEL/FAX075-200-2731
営業時間11:00-18:00 火・水定休(個展開催時は水休)
■アクセス■
京阪電車「神宮丸太町駅」下車徒歩3分
市バス「丸太町京阪前」下車徒歩3分
市バス「熊野神社前」下車徒歩5分
テノナル工藝百職テノナル工藝百職2
■新店舗は、京都ならではの細い路地奥にあり、表通り(春日上通り)には面していません。
■春日上通りに面した路地の入口に、営業時間内のみ「ショップご案内看板」を出します。
(路地の入口横の民家である、稲井さまのご厚意により看板を出させて頂きます。ありがとうございます)
■店舗の場所がおわかりにならない場合は、遠慮なくお電話ください。


リニューアルオープン記念企画「工房いろ絵やの器展」<<詳しくはお店のブログ「百職手帖」へ
いろ絵やさんの展示会inテノナル工藝百職 1いろ絵やさんの展示会inテノナル工藝百職2
「工房いろ絵やの器展」
2012年4月28日(土)~5月6日(日)
11:00-18:00(最終日は17:00まで)
※期間中、5月2日(水)のみ休廊
在廊予定日:4月28日(土)、29(日)、5月6日(日)

身近な草花や生き物を絵付けをした、お皿やカップ・新作の器
またパステルで描いた静物画も展示いたします。

GWはじまりの28日、是非出掛けてみてください!!

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

新しい試み

先日、「京都コンシェル新聞」に細川のインタビューが掲載される事をお知らせしましたが、

ちょっぴり訂正です。

4月から配布されるとブログに書いていましたが、4月の中頃からでした。

申し訳ありませんっっ))汗

もうすぐ京都を中心に滋賀県の一部へ配布が始まります!

京都市内の図書館をはじめ、飲食店、サービス業、旅館・ホテルなどに設置されるそうです。

発行されましたら、また改めてブログでお知らせしますね~。

さて、最近の喜節は新しいバッグ作りもしていますよ。

コチラ、主力のセカンドバッグ。
染めたひごで編んだ籠に漆を塗り、仕上げたものです。

セカンドバッグ

新しいバッグは白竹の皮を剥き、そのまま編んだ籠に漆を塗り、仕上げてみました!!

籠 漆塗り前1
>>漆塗り前

籠 漆塗り後1
>>漆塗り後

籠 漆塗り後3

白竹の皮剥きの籠に漆を塗るのは染めた籠より塗りむらが目立つので、

作業により気を遣います。

でも、素朴でいい雰囲気のバッグになりそうです。

出来上がりが楽しみですっっ!!

また、完成しましたら、ブログに載せたいと思います☆

by kinoko

Tag:喜節の作業日記  Trackback:0 comment:0 

平野神社の夜桜

この前の日曜日は近所にある桜の名所、「平野神社」へ

ちょっとそこまで、お散歩です。

平野神社(京都)

一眼レフと夜出掛けるのは初めてなので、キレイに撮れるかどうか、、、

平野神社(京都)2
平野神社(京都)3

たくさんの人が宴会をしております、いいな~~。

平野神社(京都)4
平野神社(京都)5

行ったときは5分咲きぐらいでした。

平野神社(京都)6
平野神社(京都)7
平野神社(京都)8

なぜか、イノシシやパンダなど動物もおりますΣ(゚д゚lll)

平野神社(京都)9

明日から週末までが満開の見頃になりそうですよ~!

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

軽やかな雰囲気~喜節の竹バッグ~

ブログ更新、ご無沙汰しておりました。

この冬は喜節の二人、風邪もひかずに元気に過ごしておりましたが、
(昨年の冬は、二人で風邪をひいたら相手に移し、引いたら移し、、3回くらい繰り返しておりましたが、、、)

ついに、kinokoダウン致しまして、ブログに向かうことが出来ませんでした。

細川に移すこと無く、快復してひと安心。

今年の春は、雨がよく降るので、雨にあたって風邪など引かないように、皆さまも気をつけて下さいね★


さて、前に紹介した、新しいバッグ。

出来ましたよ~!!

喜節の竹バッグ(白)1

とても軽やかな雰囲気に仕上がりました。

編み方もよりシンプルに。

染籠漆塗り<<染籠のバッグの編み方


このバッグの色は、白の皮剥きの竹にそのまま漆を塗ったものです。

籠 漆塗り前1<<漆を塗る前。


喜節の竹バッグ(白)2
<<セカンドバッグ

喜節の竹バッグ(白)4
<<クラッチバッグ(大)

喜節の竹バッグ(白)3
<<クラッチバッグ(小)

開くと中はこんな感じ。
(内側はこれまでの染めたバッグと同じです。)

喜節の竹バッグ(白)5
ファスナーのポケットとカード(名刺)が2枚入れられます。
側面にゴムバンドが付いていますので、そちらにも、携帯電話などが挟めます。

喜節の竹バッグ(白)6
ファスナーのポケットとカード(名刺)が4枚入れられます。

喜節の竹バッグ(白)7
真ん中の仕切にカード(名刺)が1枚入れられます。

これらの竹バッグは、これから喜節の竹バッグのラインナップになります。

そんな喜節の竹バッグ、今年は5月・6月・8月と百貨店や京都市内のギャラリーでの展示会で、ご覧頂けます。

展示会の詳しいことが決まり次第、ブログにてお知らせ致しますので、また覗いて下さいね★

by kinoko



竹工房「喜節」では、竹のバッグ、花器、盛器等を製作しております。
現在、個人のお店はございません。ご購入は展示会又は商品取扱店に来ていただくか、こちらのブログのメールフォームから、直接ご注文いただく形になります。
商品の制作は、竹割り(材料作り)から編み、漆仕上げまで竹かごの工程全てを職人が一人でしておりますので、申し訳ございませんが、ほとんど在庫がありません。
受注生産の際はご注文頂いてからお客様のお好みに仕上げていきますので、注文後3~4ヶ月お時間をいただいております。
年に何回か、京都市内施設で実演もしております。実演中、商品の販売はしておりませんが、商品に関するご相談は承りますので、気軽にお声掛けください。
尚、展示会・実演日程についきましては、ブログにてお知らせいたしますので、ご確認ください。

どうぞ、ご注文・ご質問等、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。


◆竹工房「喜節」へのお問い合わせ方法

メールフォーム

E-mailを送る
お名前*、メールアドレス*、住所(都道府県名のみで構いません)、電話番号、お問い合わせ内容*を記入の上、下記のメールアドレスまで送信してください。(*印は必須。)
竹工房「喜節」
E-mail:take.kisetsu@gmail.com

※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度 E-mail:take.kisetsu@gmail.com から問い合わせください。

Tag:竹バッグ  Trackback:0 comment:0 

京都コンシェル新聞 2012 spring

前々からお知らせしていた、フリーペーパーの

「京都コンシェル新聞 2012 spring号」が、発行されました ! !

京都コンシェル新聞 2012 spring京都コンシェル新聞 2012 spring 「匠」

「竹工房 喜節」の細川は「匠」のページに登場しております。

細川が竹工芸の道に入った頃の話からこの先のものづくりについて、とても簡潔にまとめてくださっていて、

とても読みやすい記事になっています。

去年の12月から発行が始まった京都コンシェル新聞は3ヶ月に一回の発行。

京都の新しい動きやエンターテイメント・医者・スポーツ選手・ものづくりの職人・料理人とさまざまな業種で活躍する人のインタビューから、

京都をいろんな角度で知る事ができる情報誌だなと思います。

これから随時、京都を中心に滋賀県の一部へ配布されます。

公共施設としては京都市内の図書館全館に設置されているそうです。

他に、びっくりドンキーなどの飲食店、京都タワーホテルなどの宿泊施設にも置いているそうなので、

見つけましたら、是非手にとって見てください!!

ちなみに、最後のページには、多方面で活躍する板尾創路さんが京都を案内するレギュラーコラムも掲載されていますよ☆

by kinoko

最後になりましたが、「京都コンシェル新聞」関係者の皆さま、とても良い記事にして頂き、また新聞を届けに工房までわざわざ足を運んで頂き、本当に有難うございました。今後ともよろしくお願い致します。



竹工房「喜節」では、竹のバッグ、花器、盛器等を製作しております。
現在、個人のお店はございません。ご購入は展示会又は商品取扱店に来ていただくか、こちらのブログのメールフォームから、直接ご注文いただく形になります。
商品の制作は、竹割り(材料作り)から編み、漆仕上げまで竹かごの工程全てを職人が一人でしておりますので、申し訳ございませんが、ほとんど在庫がありません。
受注生産の際はご注文頂いてからお客様のお好みに仕上げていきますので、注文後3~4ヶ月お時間をいただいております。
年に何回か、京都市内施設で実演もしております。実演中、商品の販売はしておりませんが、商品に関するご相談は承りますので、気軽にお声掛けください。
尚、展示会・実演日程についきましては、ブログにてお知らせいたしますので、ご確認ください。

どうぞ、ご注文・ご質問等、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。


◆竹工房「喜節」へのお問い合わせ方法

メールフォーム

E-mailを送る
お名前*、メールアドレス*、住所(都道府県名のみで構いません)、電話番号、お問い合わせ内容*を記入の上、下記のメールアドレスまで送信してください。(*印は必須。)
竹工房「喜節」
E-mail:take.kisetsu@gmail.com

※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度 E-mail:take.kisetsu@gmail.com から問い合わせください。

Tag:取材記事  Trackback:0 comment:0 

展示会のお知らせ 「扇子百選」

今日は5月に開催する展示会のお知らせです!!

年明けに茶箱展でお世話になった、同じ売り場で
>>今年1月の「茶箱展」の様子
銀座三越8Fジャパンエディション

今度はクールビズでも注目されている「扇子」の特集に

喜節の竹バッグも出品させていただくことになりました!!

夏の装いにぴったりのセカンドバッグ・クラッチバッグ・手さげバッグを出品します。

「扇子百選」
会場: 銀座三越8F ジャパンエディション
    >>地図
会期: 5月 2日(水)~15日(火)の2週間
※細川の在店日はございません。

会期中の13日は「母の日」ですね☆

プレゼントに扇子や竹バッグももちろんいいですし、

同じフロアでは母の日の特集もしていますよ(´∀`*)

是非、銀座三越8Fに足をお運びください~。

by kinoko

Tag:展示会&実演のご案内  Trackback:0 comment:0 

京都のギャラリーめぐり

ゴールデンウイーク、始まりましたね。

竹工房 喜節ではもちろん、いつもと変わらない日々を過ごしておりますが、

京都はダイブ外国の観光客も戻ってきて、混雑する時期になりました。

GW初日の昨日28日は、以前紫竹にあった「手しごとの店 工藝百職」から移転リニューアルオープンした「テノナル 工藝百職」に細川とお出かけしました。

テノナル工藝百職1
(一眼レフカメラを持って出掛けたものの、メモリー入れ忘れて結局、ケータイ電話(←スマホじゃないよ)で撮りました(-_-;)でも、意外とキレイに撮れてるでしょ?)
白壁が印象的ないろんな作家さんのいろんな色に染まれる空間になっていました(^▽^)

喜節もこんなshopで個展できるようになりたいですね。

手しごとの器・道具 テノナル工藝百職」<<詳しくはお店のブログ「百職手帖」へ
〒606-8397
京都市左京区聖護院川原町11-18
TEL/FAX075-200-2731
営業時間11:00-18:00 火・水定休(個展開催時は水休)
■アクセス■
京阪電車「神宮丸太町駅」下車徒歩3分
市バス「丸太町京阪前」下車徒歩3分
市バス「熊野神社前」下車徒歩5分

■新店舗は、京都ならではの細い路地奥にあり、表通り(春日上通り)には面していません。
■春日上通りに面した路地の入口に、営業時間内のみ「ショップご案内看板」を出します。
■店舗の場所がおわかりにならない場合は、遠慮なくお電話ください。


リニューアルオープン記念企画として「工房いろ絵や」さんの個展も開催されていますよ★

「工房いろ絵や」さんは夫婦で営まれている工房で、主に白地の器に身近な草花や生き物を絵付けをした、お皿やカップ。

また喜節の二人は今回初めて見させてもらったのですが、ご主人さんがパステルで描いた静物画も展示をしていましたよ★

細川も物色中です。
テノナル工藝百職3
テノナル工藝百職4

リニューアルオープン記念企画「工房いろ絵やの器展」<<詳しくはお店のブログ「百職手帖」へ

2012年4月28日(土)~5月6日(日)
11:00-18:00(最終日は17:00まで)
※期間中、5月2日(水)のみ休廊
在廊予定日:4月28日(土)、29(日)、5月6日(日)

「テノナル 工藝百職」お店のブログ、「百職手帖」から詳しい作風などご覧になれますよ。>>

是非!お店へ足をお運びください。

テノナル工藝百職5

この日は京都も気温30度と暑い一日でしたが、暑さに負けじと気になっていたShopやGalleryに行きました。

たまたま入ったGalleryで、企画展のときにご一緒したことがある木工作家さんに出会い、話し込んでしまいました。

あ~、楽しかった。

作家さんやいろんな作品とふれ合うのはこちらの制作のヒントになりますね!

喜節も誰かの何かの発見になれるといいな☆

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
2016年
展示会&実演のお知らせ
-きものサローネ2016 京の名工展-
会期:9/17(土)~9/19(月・祝)
時間:午前10時~午後6時(初日のみ正午~6時まで)
場所:TUITO 日本橋室町野村ビル5階


◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。