「京都館ニュース6月号」に掲載されました

京都館ニュース1

こちらは東京駅八重洲口すぐにある京都市のアンテナショップ、京都館が発行しているフリーペーパー。

2012年6月号、6月の京都で催される行事など旬な京都情報と共に、細川がドンと紹介されています!!

京都館ニュース‐細川記事京都館ニュース‐細川記事2

写真は口へぎの作業中の場面ですね。

動きが感じられる写真で、私もとても気にっております(*'▽'*)/

喜節の主力のバッグたちもたくさん載せていただきました!!

トランクやアタッシュケースはまだ商品化にはいたっていませんが、

楽しみにしていただいている方がいらっしゃると思うと、なお頑張ろうと気合いが入ります。


この「京都館」ですが、京都駅八重洲口のすぐ正面すぐにあり、京都の魅力を首都圏の皆様にご紹介する情報館です。

京都館ニュースの冊子はこちらにのみ置いているそうなのですが、

京都館のホームページから詳しい内容がご覧いただけます。

京都館ニュースのバックナンバーもあるんですが、写真がとてもキレイ!!

是非、覗いて見てください。

最後になりましたが、「京都館ニュース」関係者の皆さま、本当に有難うございました。今後も京都館、京都館ニュース楽しみにしております。

by kinoko

京都館ホームページ
デジタルブック

京都館ニュース6月号
京都館ニュース バックナンバー




展示会のお知らせ!!

「工芸綯交ないまぜ十人展」

場所:くらふと・ギャラリー集(しゅう)
〒604-8106 京都府京都市中京区 丸木材木町680-3 TEL:075-254-3720 ?
   >>地図
期間:2012年6月12日(火)~17日(日)

漆:東井美紗子/前田怜美
錺:伊庭拓也/大上浩司
木:尾崎祥太郎/小塚晋哉
竹:細川秀章/竹工房ゆうすい
陶:守崎正洋/武田公美

★細川の在廊日は14日(木)13:00~と17日(日)13:00~です

スポンサーサイト

Tag:取材記事  Trackback:0 comment:0 

金星太陽面通過★

話題が古くならないように、写真だけでもupさせてもらいます!!

金環日食ではカメラ撮影が失敗してしまいましたが、

今回はちゃんと本を読んで、リベンジです。

☆京都 朝8時   角度40度ぐらいの撮影 
太陽面金星通過1

☆京都 午前11時 ほぼ真上の撮影
太陽面金星通過3

☆京都 午後11時 ほぼ真上の撮影
太陽面金星通過4

近畿では台風の影響もなく、朝から空は快晴でした。

太陽の光がとても強く、なかなか金星をとらえることができませんでしたが、

うす雲が通り過ぎる時に撮影!!

キレイに撮れました☆彡

金星は地球と同じくらいの大きさ。

太陽って大きいんですね(*'▽'*)/

by kinoko



展示会のお知らせ!!

「工芸綯交ないまぜ十人展」

場所:くらふと・ギャラリー集(しゅう)
〒604-8106 京都府京都市中京区 丸木材木町680-3 TEL:075-254-3720 ?
   >>地図
期間:2012年6月12日(火)~17日(日)

漆:東井美紗子/前田怜美
錺:伊庭拓也/大上浩司
木:尾崎祥太郎/小塚晋哉
竹:細川秀章/竹工房ゆうすい
陶:守崎正洋/武田公美

★細川の在廊日は14日(木)13:00~と17日(日)13:00~です

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

竹の音

この週末から京都でも梅雨入りして、雨の音を多く聴く季節になりましたが、

竹の音って聴いたことありますか?

竹の音

2メートル以上の青竹を必要な長さに切り、

耳を澄ませると、

パリパリパリパリ、、、、

節などで抑えられていたものが解放されて、竹が動いているようです。

切ってすぐでないと、音が段々小さくなっていくので、

巻き貝に耳をあてるような、ワクワクな気持ちで

私は竹の動く音に聴き入ってしまいました。

竹割り

竹割りしているときも丸い竹が平らになろうとして

パリパリパリっと言っています。

陶器に貫入が入るときの音に似ているような気がします。

細川はそんな音の中でひたすら竹割りをしています。

竹割り3

油抜きした白竹を切ったときもなることはあるそうですが、

青竹はたくさんの水分を含んでいるので、音がなりやすいんだそう。

今度はいつ聴けるかな~


さて、今日の喜節は12日から京都で始まる展示会の搬入に行ってきました。

5分野10人、様々な形で活躍する作家たちが集まって開催する今回の展示会。

会期は一週間程ですが、宜しければお立寄りください。

by kinoko



展示会のお知らせ!!

「工芸綯交ないまぜ十人展」

場所:くらふと・ギャラリー集(しゅう)
〒604-8106 京都府京都市中京区 丸木材木町680-3 TEL:075-254-3720 ?
   >>地図
期間:2012年6月12日(火)~17日(日)

漆:東井美紗子/前田怜美
錺:伊庭拓也/大上浩司
木:尾崎祥太郎/小塚晋哉
竹:細川秀章/竹工房ゆうすい
陶:守崎正洋/武田公美

★細川の在廊日は14日(木)13:00~と17日(日)13:00~です

Tag:今日のひとコマ  Trackback:0 comment:0 

あと2日間!「工芸綯交十人展」

京都 「くらふと・ギャラリー集」にて開催している展示会。

毎日たくさんの方に来場していただいております。

有り難うございます!!

そんな展示会も今日を入れてあと2日になりました。

喜節では初お目見えの竹バッグたちが並んでおりますよ★

竹セカンドバッグ/竹工房 喜節竹クラッチバッグ-大-/竹工房 喜節竹クラッチバッグ-小-/竹工房 喜節
竹セカンドバッグ(開)/竹工房 喜節竹クラッチバッグ‐大‐(開)/竹工房 喜節竹クラッチバッグ‐小‐(開)/竹工房 喜節
(左から、竹セカンドバッグ・竹クラッチバッグ-大-・竹クラッチバッグ-小-)

こちらは白竹の皮むきの竹ひごを網代に編み、そのまま漆を塗り重ねて仕上げた竹バッグ。

竹バッグは、とても軽く・丈夫に作られています。

会場にいらした方は、是非手にとってご覧ください。


「工芸綯交ないまぜ十人展」

工芸綯交十人展DM
工芸綯交十人展DM2

場所:くらふと・ギャラリー集(しゅう)
〒604-8106 京都府京都市中京区 丸木材木町680-3 TEL:075-254-3720 ‎
   >>地図
期間:2012年6月12日(火)~17日(日)
時間:11:00~19:00
(※最終日は17:00まで)


漆:東井美紗子/前田怜美
錺:伊庭拓也/大上浩司
木:尾崎祥太郎小塚晋哉
竹:細川秀章/竹工房ゆうすい
陶:守崎正洋武田公美


★細川の在廊日は14日(木)13:00~と17日(日)13:00~です。


by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

「工芸綯交十人展」無事終了致しました。

6月12日から開催していた「工芸綯交十人展」

17日で無事に終了致しました。

6月から梅雨の時期に入り、お足もとの悪い日もあったかとは思いますが、

一週間の間、たくさんの方に来場していただきました。

本当にありがとうございました。

竹バッグ3点/竹工房 喜節

5分野10人の作家たちが集まって開催した今回の展示会。

元は同じ素材でも、個々の作家によって生みだされる作品は

それぞれのこだわりや性格、素材に向かう姿勢から同じものはありません。

来ていただいた皆さまに少しでも多く楽しんでいただけていたら、

とても嬉しく思います。

今後も皆さまに喜んでいただけるように他の作家の皆さんと刺激しあいながら、

頑張ってまいります。

本当にありがとうございました。


最後に、、、
くらふと・ギャラリー集の皆さま・展示会関係者の皆さま・作家の皆さん、
展示会の準備から会期中6日間、本当にありがとうございました。
展示会ごとに駆け出しの頃から喜節を知って頂いている人にも、成長している姿を見て頂く事ができ、
また新しい出会いもあって、こうやって人と人との繋がりが広がっていくといいなと思います。
今後ともよろしくお願い致します!!

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに竹バッグを出品しています。

今日は、現在商品を置いていただいてるGalleryさんのご案内です。

京都の蔵から発信するギャラリー「品」-SHINA-。

こちらに6月20日から7月末8月10日まで喜節の竹バッグを扱って頂いています。
※期間延長致しました。

竹セカンドバッグ(染)/竹工房 喜節竹クラッチバッグ(染)‐大‐/竹工房 喜節竹セカンドバッグ/竹工房 喜節竹クラッチバッグ-大-/竹工房 喜節竹クラッチバッグ-小-/竹工房 喜節
手さげバッグ(黒)No.1/竹工房 喜節手さげバッグ(茶)No.2/竹工房 喜節

出品中の喜節の竹バッグ
・竹クラッチバッグ(染竹)-大/小-
・竹セカンドバッグ
・竹クラッチバッグ-大/小-
・竹手提げバッグ(黒)
・竹手提げバッグ(茶)

商品が出来次第、竹セカンドバッグ(染竹)も出品する予定です。

ギャラリー「品」‐SHINA‐さんは、老舗の帯匠 誉田屋さんの蔵を改装したギャラリーで、国内外からセレクトされた個性あふれる作品が並んでいます。

近くにいらした際には是非、お立寄りください。


ギャラリー「品」‐SHINA‐
ギャラリー「品」‐SHINA‐さんのホームページはコチラから。
住所:〒604-8165 京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
>>地図
TEL:075-257-5567
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日


by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆