スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

半年の大晦日は水無月を。もう半年が始まる半夏生には??

水無月

半年の大晦日、6月30日は和菓子の水無月。

あずきは悪魔払い。

白いところは氷のイメージで、暑気払いの意味があるそうです。

工房の近くには和菓子やさんも多いのですが、30日の午前中に和菓子やさんの前を通るとずらーりと行列が!!

そのときはん?!何の日??と思って気付かず、ハッと気づいたときには夕方。

もちろん和菓子やさんには間に合わず、普通のスーパーの水無月をいただきました。

くどくなくて大きさの割にさらっと食べれちゃいます。とても美味しかったです☆

でも、来年は和菓子やさんのを、、、ね☆彡


そしてそして、半夏生には、、蛸!!なんだそうです。

細川家では、ゆでたこのお刺身とお酒のつまみにぴったりのこちらをいただきました。

半夏生には?
(うまいよーってシンプルでなんか好き。お酒にピッタリ☆うまかったよー(´▽`))

稲がたこの足のようにチカラ強く根を張るようにとの想いで半夏生の時にたこを食べるようになったんだとのこと。

竹工房 喜節も着実に竹バッグという根を張っていけるように、あと半年目標に向かって気合いを入れ直して明日からも頑張ります!!

by kinoko



!!お知らせ!!

只今、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。

ギャラリー「品」‐SHINA‐
ギャラリー「品」‐SHINA‐さんのホームページはコチラから。
住所:〒604-8165 京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
>>地図
TEL:075-257-5567
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日
スポンサーサイト

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに竹セカンドバッグを追加納品致しました。

今日は五節句の一つ、七夕ですね!

京都は今朝まで土砂降りでしたが、今は黒っぽい雲がぽつぽつと浮かんでいますがなんとか晴れております。

現在の七夕は神事やさまざまな行事が合わさってできたものだそうで、

今ではいろんなお願ごとをするようになったみたいですが、昔は詩や習い事が上手になりますようにと祈ったもの。

芋の葉っぱに溜まった露で墨をすって短冊に願い事を書き、笹竹に吊るすと、願いも出会いも叶うともいい、

私が幼い頃に、とあるアニメでサトイモの葉っぱに溜まった露で墨をすり、

その墨で文字を書くと字が上手になるという話がありましたが、

それはここから来ているのかなと改めて思い出しました。

他にも素麺を食べる風習やベガは裁縫の神でアルタイルは農業の神など七夕一つにしてもいろんな話が出てきます。

夕方までに空にはもう少し雲の数を減らしてもらって星を見ながら、

織物と裁縫が上手くなりますようにお願いしようと思います!

細川はなんてお願いするのかな?


さてさて、そんな七夕飾りもない竹工房 喜節ですが、お知らせ!!です。

現在、喜節の竹バッグを扱っていただいている、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに

竹セカンドバッグ(染竹漆仕上げ)を追加納品致しました。

セカンドバッグ/竹工房 喜節
竹セカンドバッグ(染竹漆仕上げ)

出品中の喜節の竹バッグ
・竹セカンドバッグ(染竹漆仕上げ)
・竹クラッチバッグ(染竹漆仕上げ)-大/小-
・竹セカンドバッグ
・竹クラッチバッグ-大/小-
・竹手提げバッグ(黒)
・竹手提げバッグ(茶)

7月末まで扱っていただいております。

その他店内には、ギャラリー「品」‐SHINA‐さん選りすぐりの品々が並んでいます。

是非お近くにいらした際には、足をお運びください。

by kinoko



!!お知らせ!!

只今、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。

ギャラリー「品」‐SHINA‐
ギャラリー「品」‐SHINA‐さんのホームページはコチラから。
住所:〒604-8165 京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
>>地図
TEL:075-257-5567
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

京の名匠と水上オートバイ

喜節の竹バッグでも使用している「江南」さんの真田紐、

クラッチバッグ関連1/竹工房 喜節

その手織りの真田紐も使われている京の名匠とYAMAHAとのコラボ作品、

水上オートバイ「Royal WaveRunner」。

真田紐の他、漆、蒔絵、螺鈿、手描き友禅、箔などの京の伝統工芸の名匠が仕立てた水上オートバイが

現在、京都駅ビル2F ホテルグランヴィア京都内にて展示しています。


「江南」さんに話を聞いて見に行ってきました!!

水上オートバイ「Royal WaveRunner」
「江南」さんの真田紐はサイドラインとキルスイッチにつける紐に使われています。
水上オートバイ「Royal WaveRunner」1
水上オートバイ「Royal WaveRunner」2
ケータイのカメラで撮ったのであまり画質がよくないのですが、サイドラインに使われている真田紐は春のやわらかい雰囲気を感じるピンク色でした。

元は刀の下げ緒や甲冑などに使用されていた真田紐。

現在は茶道の世界をはじめ、草履の鼻緒、バッグの持ち手など多方面へ活躍の幅を広げておられます。


その他、シーツは京友禅、ボディには京漆と蒔絵などたくさんの工芸技術が使われています。

日本らしい「桜」をテーマに京都の伝統工芸がギュッとつまった水上オートバイ、今月31日まで展示していますので

京都にいらした際には是非、ご覧ください。

YAMAHA「Royal WaveRunner」 展示
期間:2012/7/2(月)~7/31(火) ※夜間は消灯しています。
場所:ホテルグランヴィア京都 ロビー(2F)
※鑑賞は無料です。

これからも日本古来の技術が世界また未来に伝わるような取り組みに期待しています。

by kinoko



!!お知らせ!!

7月末まで、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。

ギャラリー「品」‐SHINA‐
ギャラリー「品」‐SHINA‐さんのホームページはコチラから。
住所:〒604-8165 京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
>>地図
TEL:075-257-5567
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

うなぎが食べたくなる時期

ふと気づいたらブログの更新にダイブ間が空いてしまいましたっっ(・_・;)汗

京都は連日暑さが続き、時折もの凄く強い雨が降るような安定しない天気の日々です。


さて、喜節では夏にこだわらない、一年のうち出来るだけ長い期間持ってお出かけしてもらえるような竹バッグづくりを目指しておりますが、

やはりこの暑い夏が多くの方にとって竹商品を見て頂くのにいい時期で、

白竹で作られた籠は今も昔も涼しげな印象を与えてくれます。

この前、電車に乗っていると女子学生さんが「かごバック欲しいね」と話しておりましたが、

季節にあったものを身につけるのっていいですよね!こんなところにも日本の四季を感じてしまいます。


現在、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。8月10日(金)まで!宜しければお立寄りください。


明後日は土用の丑の日。今年はかなりの高値ですが、食べたい。

この夏、乗り切るにはあのスタミナ食が必要です!!

少しでも食べようと思います☆

まだまだ夏も始まったばかりですが、皆さまも体調には十分お気をつけください。

by kinoko


!!お知らせ!!

◆現在、ギャラリー「品」‐SHINA‐さんに喜節の竹バッグを出品しています。
期間:~8月10日まで。※期間延長しました。
ギャラリー「品」‐SHINA‐
ギャラリー「品」‐SHINA‐さんのホームページはコチラから。
住所:〒604-8165 京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
>>地図
TEL:075-257-5567
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日

◆JR大阪三越伊勢丹 美術工芸フロアにて 2012.8.17(金)~28(火)まで、喜節の竹バッグ出品予定です。
詳しい内容につきましては決まり次第、ブログにてお知らせします。

◇江南さんの真田紐も使用されている水上バイクの展示です。
YAMAHA「Royal WaveRunner」 展示
期間:2012/7/2(月)~7/31(火) ※夜間は消灯しています。
場所:ホテルグランヴィア京都 ロビー(2F)
※鑑賞は無料です。

ギャラリーカフェ 京都茶寮 で「あなたが選ぶ真夏の冷酒杯」展が開催せれています。喜節からは出品しておりませんが、作家仲間が出品していますので、こちらもYAMAHA「Royal WaveRunner」と合わせて是非!!
期間:6月30日(土)~8月30日(木)
~7月31日(火)の間、一般投票が行われています。
大賞作品に投票された方の中から抽選で1名様に、その大賞作品が!また投票者全員の中から抽選で20名様に、京の酒1本がプレゼントされるそうです。
喜節の二人も投票してきましたよ~☆

Tag:日記by okuhan  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
2016年
展示会&実演のお知らせ
-きものサローネ2016 京の名工展-
会期:9/17(土)~9/19(月・祝)
時間:午前10時~午後6時(初日のみ正午~6時まで)
場所:TUITO 日本橋室町野村ビル5階


◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。