実のなるとき

ブログの更新、ご無沙汰しておりました(;^ω^)

暑い夏も終わり気候がガラリと変わって、

一か月前に綺麗な花を咲かせていたギボウシももうすぐ種が採れそうです。


さて、今日は細川が竹を染めている間の作業を少し見学しました。

竹染め

染めている間の色、乾いた後の色

太陽の下で見る色、部屋の中で見る色

同じ色でも見る条件や状態で全くちがう色のように見える。

「染め」も加減の難しい作業です。

竹染め4



来月には新しい形で喜節のバッグを見て頂ける機会が待っています。

細川の手加減の難しい作業の積み重ねから生まれるものがどんな実になるのか、楽しみですね!

また、近くお知らせします☆


by kinoko
スポンサーサイト

Tag:喜節の作業日記  Trackback:0 comment:0 

京もの工芸品「京都オークション」

前回のブログ記事に、「新しい形で喜節のバッグを見て頂ける機会」と書きましたが、

その機会が近づいて来ましたので、お知らせします!!

京もの工芸品「京都オークション」

京都府の主催による工芸品オークションです。

このオークションは今回第一回目ということで、細川としてもドキドキの挑戦になりますが、

作品を評価する側、評価される側共に

レベルの高いイベントになることを期待しています。

竹工房 喜節の細川は「竹セカンドバッグ(特別仕様)」を出品します。

すでに商品化している竹セカンドバッグと同じ形のものですが、竹ひごの染替えによるグラデーションや是空庵石原さんの飾り留め具などを使用し、オークションの特別仕様になっています。

京都伝統工芸館にて一週間の展示の後、オークションが行われます。

どちらも無料でご覧頂けますので、お気軽にご来場ください。(オークション参加は事前申込要。)

オークション当日は平日ですが、是非!足を運んでください。

by kinoko



京もの工芸品「京都オークション」
京都が世界に誇る伝統工芸の素晴らしさを幅広い皆様に知っていただき、代々受け継がれてきた京都の伝統工芸の技術・技法を後世に伝承するとともに、国内外のバイヤーや消費者と直結した、伝統工芸分野の新たな市場の創出等を目指すものであり、今回が記念すべき第1回目の開催となります。

日時: 事前展示期間:平成24年11月1日(木)~7日(水)
            (10:00~18:00)
    オークション:平成24年11月8日(木)
            レセプション:18:00~
            オークションスタート:18:30~
会場: 京都伝統工芸館
   (京都市中京区烏丸三条上ル 地下鉄烏丸御池駅6番出口すぐ)
    Tel:075-229-1010
入場料: 無料
オークション参加方法: お一人様一通ずつHPの申込フォームより事前申込をお願いします。
            事前申込締切:11月7日23:00
            (当日受付も行いますが、定員になり次第締め切りとさせて頂きます。)
 
《協賛出品》
京都の伝統工芸分野で活躍する職人と国内外の消費者、バイヤー等が直結した新市場の創出といった本オークションの趣旨にご賛同いただいた京都在住の著名な工芸作家の方にも以下のとおり出品いただいております。
(敬称略 五十音順)
 
◆ 今井 政之(文化功労者 日本藝術院会員 陶藝家) ◆ 十六代 大西清右衛門(千家十職 釜師)
◆ 長艸 敏明(刺繍作家 京繍伝統工芸士) ◆ 十三代 中村宗哲(千家十職 塗師)
◆ 六代 泰 蔵六(金工師) ◆ 林駒夫(重要無形文化財「桐塑人形」保持者(人間国宝))
◆ 村田 好謙(日展委嘱 漆芸家(好謙漆工房主宰))
 
《京もの工芸品「京都オークション」HPより索引》

Tag:展示会&実演のご案内  Trackback:0 comment:0 

10月・11月工芸仲間の展示会

私がブログをご無沙汰しているうちにお知らせが遅くなってしまった展示会もありますが、お知らせをいただいていたのでご案内します!

「信楽 谷穹」
10月仲間の展示会 (3)

谷穹さんは大阪三越伊勢丹でご一緒させていただいた信楽焼の作家さん。存在感のあるすり鉢だったり、個性的な掛け花入など、私も気になっている作家さんです。お知らせが遅くなりましたが、この週末などぜひお出かけください。

■日にち 2012/10/7(日)-29(月) 期間中無休
■時間  11:00-17:00 
■場所  清月堂
     〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野1129‎
     0748-82-0240




「小林達也 木工展」
11月仲間の展示会 (2)

いろんな手づくり市に出展していらっしゃいますが、個展は初☆祝

■日にち 2012/11/3(土・祝)-11(日) 期間中水曜休
■時間  11:00-18:00 ※最終日は17:00まで
■在廊日 3(土・祝)、4(日)、10(土)、11(日)
■場所  手しごとの器・道具 テノナル工藝百職
     〒606-8397京都市左京区聖護院川原町11-18
     tel/fax:075-200-2731



「森谷和輝・小塚晋哉 二人展」

■日にち 2012/11/17(土)-25(日) 期間中水曜休
■時間  11:00-18:00 (最終日 -17:00)
■在廊日 森谷在廊 / 17(土),25(日)
     小塚在廊 / 17(土),18(日),23(金・祝),24(土),25(日)
■場所  手しごとの器・道具 テノナル工藝百職
     〒606-8397京都市左京区聖護院川原町11-18
     tel/fax:075-200-2731



「真鍋元気 陶展」
11月仲間の展示会

地球の色、生命の源の色『青』を作品に投影することを心がけました。是非ご覧下さい。(真鍋元気)

■日にち 2012.11.1(木)~2012.11.15(木)
■時間  AM9:00~PM6:00 (清水寺夜間特別拝観開催中10~14日は21時まで/最終日は17時まで)
■在廊日 1(木),3(土・祝),4(日),10(土),11(日),15(木)
■場所  朝日陶庵 アートサロンくら
〒605-0862 京都府京都市東山区清水1丁目287-1
tel:075-551-1656

by kinoko

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆