奈良なら・・・

今日はGW唯一のちょい遠出です。

京都からは電車で一時間くらいの場所にある、古都奈良。

目的地は来年の今ぐらいの時期にグループ展をさせてもらう予定のギャラリーさん、「奈良町(ならまち)カフェ・ギャラリーたちばな」

奈良9

ひがしむき商店街を南へ。

奈良7

さらに、もちいどの商店街を南へ。

この商店街の入口西側には高速餅つきで有名な「中谷堂」があるんです。店前にはもの凄い人ひとヒト…

奈良6

そして、ならまち通りを東へ、ならまちセンターの方向に行くとすぐに「ギャラリーたちばな」さんがあります。

奈良5
奈良4

気取らない着物姿の奥さまとまさにカフェのマスター!といった感じのカッコいい旦那さまが出迎えてくれます。

今日は、母校の陶芸の先生でもある空女先生の個展中でした。

一緒にグループ展参加予定の陶芸と金工の作家さんとギャラリーの雰囲気を見させていただいて、

オーナーさんとのミーティングをして来年の展示会をイメージします。

ギャラリーたちばなさんでは、焼き物以外の工芸を扱う展示会はこのグループ展が初めてになる予定なので、

オーナーさんはとても楽しみにしてくださっていて、

奈良でのはじめての出品になる細川も今からとても楽しみにしています。


細川は初めての奈良訪問だったのですが、今回はあまり時間が取れなかったので、奈良散策はお預けに。

次回ゆっくり観光に行きたいなと思います。


6月からは喜節もいくつかの出品予定が続きます。詳しい内容は後日、ブログにてお知らせします。

by kinoko
スポンサーサイト

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

工芸綯交(ないまぜ)九人展2013

6月上旬の展示会ご案内です!!

昨年も参加したグループ展、“綯交展”。今年は漆・錺・木・竹・陶の9人の若手作家が集まって、開催します。

綯交2013
綯交2013 (2)

「綯交(ないまぜ)」というのは、色々なモノをまぜあわせて一緒にするというような意味合い。

今回の新メンバーは神奈川の寄木細工職人、露木清高さん。

DM写真の作品は寄木の木地を薄く削らずにそのまま器の形に加工したお椀。伝統的な技術を大事にしながら、現代の生活に合った作品を作られています。

竹工房 喜節からは男性向きのセカンドバッグや昨年の綯交展後の新作ブリーフケース、女性向きのクラッチバッグなど、竹で作られたバッグを出品します。

是非、足をお運びください~。

「工芸綯交ないまぜ九人展」

場所:くらふと・ギャラリー集(しゅう)
〒604-8106 京都府京都市中京区 丸木材木町680-3 TEL:075-254-3720 ‎
   >>地図
期間:2013年6月4日(火)~9日(日)
時間:11:00~19:00(最終日は~17:00まで)

漆:東井美紗子/前田怜美
錺:大上浩司
木:尾崎祥太郎/露木清高
竹:細川秀章/竹工房ゆうすい
陶:守崎正洋/武田公美

★細川の在廊日は8日(土)13:00~、9日(日)13:00~です。 

by kinoko

Tag:展示会&実演のご案内  Trackback:0 comment:0 

小紫陽花と竹の音

今日は梅雨の晴れ間。

もうすぐ紫陽花も咲き始める頃でしょうか。

工房にある小紫陽花は普通の紫陽花よりも一ヶ月早く満開を迎えました。

小紫陽花2013年-1

年々逞しくなっています。

五月中は〝若葉寒む〟というものあってか、気候が不安定でしたね。

寒かったり暑かったり、乾燥がきつかったりする影響で、

仕入れていた竹も、身の膨張収縮によって突然「パコーンッ」と割れてしまいます。

竹1


音にはびっくりしますが、生き物を扱っているんだなと改めて感じます。



さてさて、6月は展示会があります。

細川の在廊日が決まりましたので、お知らせします!!

「工芸綯交ないまぜ九人展」

場所:くらふと・ギャラリー集(しゅう)
〒604-8106 京都府京都市中京区 丸木材木町680-3 TEL:075-254-3720 ‎
   >>地図
期間:2013年6月4日(火)~9日(日)
時間:11:00~19:00(最終日は~17:00まで)

漆:東井美紗子/前田怜美
錺:大上浩司
木:尾崎祥太郎/露木清高
竹:細川秀章/竹工房ゆうすい
陶:守崎正洋/武田公美

★細川の在廊日は8日(土)13:00~、9日(日)13:00~です。 

by kinoko

Tag:今日のひとコマ  comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆