スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

「京都オークション」無事に終了致しました。

11月1日~7日の展示期間を終え、8日に本番を迎えた「京都オークション」。

今までに経験をしたことのない緊張感の中、無事終了致しました。

展示期間中も含め会場に来場していただいた皆さま、京都オークション関係者・スタッフの皆さま、

本当にありがとうございました。

京都府としてもはじめての企画。

前例が無い分、実際どうなるものか不安はきっと大きかったはずですが、

当初より細川は参加することに強い気持ちがありました。

今回のオークションでは、喜節オリジナル商品「竹セカンドバッグ」に

籠には竹ひごの染替えによるグラデーションを。

又、通常は籐で十字にかがっている部分に是空庵石原さんの飾り留め具などを使用し、

オークションの特別仕様にして出品致しました。

同じものはふたつとして無い、特別な竹バッグです。


レセプションの後、オークションが始まり、

自分の順番がまわってくるまでそれぞれの作家さんが緊張な面持ちでその時を待ちます。

いよいよ細川の番。オークション参加者の皆様の前に立ち、自分の作品紹介を行ない、竹セカンドバッグのオークションが始まります。

細川は初めて味わう空気感の中、ただただ見守ります。

ドキドキ、、、

ガクガク、、、、、、

そして「コンコン!」と槌音が響き、落札。

有り難くも嬉しい評価を頂き、無事オークションを終了することができました。

細川のバッグの内側を中心に手伝っている私(kinoko)も、

喜節の竹セカンドバッグのオークションが始まり、参加者の方から札をあげて戴く度に、

身が引き締まる想いがしました。

実は見ているだけの私のほうが緊張でガクガクでした、、、

オークション終了後、改めて出品した理由を聞くと、

「自分が作っているものに対して、直にお客様目線の評価を知る事が出来るから」と。

オークション前のレセプションでは、作家の方々がオークションの参加者の皆様に

作品のことや製作についての想いを説明されたり、

オークション後も作家と作品を落札された方が、

和やかに歓談されている姿が見られ、作り手と使い手の交流を楽しんでいたように思います。


今回頂いた評価を励みに、使う側の方々に期待されるような作品づくりに繋げて、次回も出品できればと思っています。

オークションに参加した作家の方々とも工芸界の異業種交流ができ、同じ緊張を共有できたことを嬉しく、

今後もこのような機会にお会い出来るのを楽しみにしています。


by hosokawa & kinoko
関連記事
スポンサーサイト

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
2016年
展示会&実演のお知らせ
-きものサローネ2016 京の名工展-
会期:9/17(土)~9/19(月・祝)
時間:午前10時~午後6時(初日のみ正午~6時まで)
場所:TUITO 日本橋室町野村ビル5階


◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。