平成26年度 「京ものユースコンペティション」 グランプリを受賞しました。

今年は本当に雪がよく降りますね。今日も時折強く降るような空模様。

先月末関東で雪が降ったときは、丁度細川が授賞式出席のため東京へ向かっていました。

予想よりも気温があったので、細川が東京に着いたときには雨に変わり、無事に授賞式会場へ。

実はこの度、京都市が主催する「平成26年度 京ものユースコンペティション」にて、光栄にもグランプリを受賞しました。

「京ものユースコンペティション」とは、
京都市が現代のライフスタイルに溶け込む「京もの」と、京都の伝統産業の若手人材を発掘して支援するため、平成25年度から実施しています。
コンペ受賞者には、日本の「モノ」「ヒト」の魅力を発信する雑誌編集長やバイヤーとコネクションがあり、販路を持っている選定委員から直接アドバイスを得られる交流会を開催するなどして、受賞作品等のメディア媒体への掲載や販路開拓の支援などを行っています。


選考委員はアッシュ・ぺー・フランス㈱取締役の佐藤美加さん、総合企画会社㈱クリップ代表の島田昭彦さん、雑誌「Discover Japan」編集長の高橋俊宏さん、0から6歳の伝統ブランド「aeru」代表の矢島里佳さん、京都在住の建築家 ジェフリー・ムーサスさんの5名。

このコンペのテーマは「現代の生活様式にあったスタイリッシュな生活空間」。

伝統的な手わざを使いながら、工芸の本質である「使って楽しむ」商品開発を意識して制作している細川の竹バッグが、

このようなコンペで評価をいただくのはとても嬉しく心強く感じます。

今回は、選考結果の発表前にコンペ応募者自由参加の交流会があり、

それぞれの分野の最前線で活躍されている選考委員の方々から、

デザインや販路など様々な角度の切り口で作品に対する評価やアドバイスを直接受ける貴重な機会をいただきました。

授賞式にはグランプリ・準グランプリ・ブラッシュアップ賞を受賞した5人が出席し、

交流会に参加していた受賞者はその際に受けたアドバイスから新しく作った作品を持ち寄り、

選考委員の方々から再びアドバイスをいただくという、作品の品質向上のチャンスを存分に得られたそうです。

今後も今回の受賞者の方とは展示会などでご一緒する機会がありそうなので、また次また次とお会いできるのが楽しみです。

最後になりましたが、この度のコンペを運営してくださった京都市の方々と選考委員の方々に御礼を申し上げます。

【 準グランプリ 】
のむら まり (京漆器) CONFIANCE 薔薇アクセサリー
林 民和 (京焼・清水焼) 鳥獣なう!!マグカップ
【 ブラッシュアップ賞 】
阪本 修 (京漆器) Urushi no Irodori
森 紗恵子 (西陣織) Tsudure-jewelry


そして早速ですが、 「京ものユースコンペティション」 グランプリ受賞に関連して、

今週末の13日(金)・14日(土)の2日間、東京駅丸ノ内すぐのKITTEで開催される

「BRAND NEW KYOTO プロジェクト 2015 in KITTE」に出品します。

受賞作品の「竹クラッチバッグ」と定番商品の竹セカンドバッグを展示しています。

是非、お立寄りください。



「BRAND NEW KYOTO プロジェクト 2015 in KITTE」
会場 : 東京丸ノ内 KITTE 1F アトリウム
   地図>> 
会期 : 2015.2.13(金)~2.14(土)
時間 : 11:00~19:00

by okuhan
関連記事
スポンサーサイト

Tag:喜節の作業日記  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆