竹工房 喜節

喜節 のれん

竹工房 喜節

節を要とする竹のしなやかさを生かして喜び、使って喜んでいただく。
そんな想いで日々制作しております。

竹工房 喜節では、竹のバッグを中心にさまざまな竹工芸品を制作しております。
「喜節」の由来には、春夏秋冬、いろんな季節に合う、いろんな節目に寄り添う商品づくりの想いからつけました。夏・和装のイメージが強い竹のバックですが、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけております。
また竹のバッグは、女性ものをよく見掛けますが、男性が気軽に持てるようなバッグにも力を入れて制作しています。



竹工房 喜節へのアクセス
地図
京都市営バス
「丸太町知恵光院」徒歩3分
「千本丸太町」徒歩3分
(二条城北小学校正門前)

〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る中務町486-66
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)
※工房には駐車場はありませんので、付近のコインパーキングをご利用ください。

商品の制作は、竹割り(材料作り)から編み、漆仕上げまで竹かごの工程全てを職人が一人で行っておりますので、現在はほとんど在庫がありません。
受注生産の際はご注文頂いてからお客様のお好みに仕上げていきますので、注文後5~6ヶ月お時間をいただいております。
商品取扱店・展示会・実演日程についきましては、ブログにてお知らせいたしますので、ご確認ください。
また、工房にお越しの際は電話かメールにてお問い合わせください。
どうぞ、ご注文・ご質問等、お気軽にメールフォームからお問い合わせください。


作家紹介
竹製バッグ・竹工芸品制作
  細川 秀章

取扱い商品
 竹バッグ
 ・トランク
・ブリーフケース
 ・セカンドバッグ
 ・クラッチバッグ(大/小)
 ・女性向け手提げバッグ(大/小)etc...
 
 花籠
 
 その他
  ・茶托
  ・輪弧盛り籠

◇竹製品を永くお使いいただくために…

・日々のお手入れは乾拭き程度で十分です。
・水に濡れた場合は水分をよく拭き取り、風通しの良いところで乾かしてください。
・水分を放置されますとカビや黒ずみの原因になります。
・染めて着色した竹製品は長時間紫外線にあたると色あせの原因になります。
・革を使用している部分につきましては、革専用のオイル等でお手入れしていただくことを
お薦めします。

昔から、竹の籠は手脂で仕上げると言われます。日々使っていただき風合いの変化もお楽しみください。


その他お問い合わせは
メールフォーム
又は以下のアドレスにメールをお送りください
竹工房 喜節
E-mail:take.kisetsu☆gmail.com
(メール送信の際にアドレスの☆を@に変えてください)
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、E-mailアドレス宛に再度問い合わせください。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:竹工房 喜節とは  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
2017年
展示会&実演のお知らせ
綯交五人展
会場:京都駅前地下街 ポルタギャラリー華
会期:5月23日(火)~6月4日(日) 午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)
細川秀章 在廊日: 5月26・30・31日 6月3日


◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆