全国一位の生産地

あっという間に11月です。

この時期にしては暖かい日が続いていますが、そろそろコタツをだそうかなと思う今日この頃。

ウォームビズを取り組むには、いろいろ準備が必要ですね。

ストーブとかホットカーペットとか探しに行かないとっ!


さて今日は、別府のお話。

先月は二人で福岡、大分、宮崎、熊本をぐるっと廻ってきました。

その中の大分・別府市は、細川が独立してやっていく決意をした、重要な土地です。

別府市は、竹工芸の編組で主に使用する真竹の生産が全国一位!昔から竹工芸が盛んな地域で、竹工芸の訓練支援センターという専門の技術訓練校もあります。

現在、全国で活躍されている花籠や竹バッグを作られている職人さんの中には別府で学ばれた方が数多くいらっしゃいます。

今回、別府に寄ることができたので、以前細川が別府に来た時、お世話になった作家さんにごあいさつへ。

別府市内で花籠を中心に竹工芸品を製作されている、林まさみつさんの工房におじゃましました。

丁寧に作られた細いひご。それでやわらかく繊細に編まれた小ぶりの花かご。

そんな作品の印象がぴったりな方です。

林さんはほかには無い、竹を自然の草木で染めた作品を作られていますが、竹は草木染が出来ないと私は聞いていたので、直接お会いする前に京都で林さんの作品をみてびっくりしました。

自然のものを自然のままに作り出されている作品は目に見えない手間がたくさん想像されます。

草木染いいな~、、、まだまだ憧れることしか出来ません。

喜節は喜節のバッグを作らねばなりません。

たくさん刺激を頂きました

突然の訪問にも心あたたかく迎えて頂き、ありがとうございました。



その後、別府市竹細工伝統産業会館に行き、別府の作家さんの作品を見させていただきました。

F1000360.jpg
こんなに大きな作品がお出迎えしてくれます。

別府駅や大分駅にも何人で抱えるのかわからない花かごが置かれているんですよ~

作家さんの作品も力強さを感じるものが多く、面白くて圧倒されます。

京都ではなかなか見れないラインナップです。


竹工房「喜節」としてスタートの時期に、別府に訪れることができて、とてもよかったです。

私も家業の手伝いのスタートラインに立てた気がします。

いい機会になりました。


あ、そういえば、、、

先日、細川がバッグの金具でお世話になっている是空庵・石原さんの妹さんが仕事の打ち合わせでこちらの工房にいらしたときに、
F1000370.jpg
このようなお菓子を出したのですが、どんなお菓子なのか何も言わずにお出ししたので、もしかしたらびっくりされているんではないかと思うのですが、、、

このお菓子、博多で買った「明太ロッシェ」というチョコレートのお菓子なんです。

その名の通り明太子が入っているので、ちょっと不思議な感じです。

口に入っているときは普通のホワイトチョコレートのクランチみたいですが、ちょこれーとが溶けてなくなるくらいにピリピリっと明太子の味が残ります。

びっくりされていたら、すみませんっっ

そんなお菓子でした。


by kinoko
関連記事
スポンサーサイト

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
genten×喜節 コラボレーションバッグ
GINZA SIX「genten monococoro」
2017年
展示会&実演のお知らせ
・現在、お知らせする情報はございません。

◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆