国民文化祭「植物園大茶湯」

京都で行われている「第26回国民文化祭 京都2011」。

大詰めの週末ですが、あいにくの雨模様。

今日で最終日になりましたね。

この一週間京都のあちらこちらで、いろんなイベントが開催されていました。

11月3日は京都にある植物園で「大茶湯」。

豊臣秀吉が北野天満宮で行った「北野大茶会」のごとく、誰でも参加できるお茶会ということで、、、

お抹茶やお煎茶をはじめ、桑の葉茶や中国茶、紅茶などさまざまなお茶を楽しむことができるということで、面白そうなので、出掛けてきました

まず、イメージキャラクターのまゆまろが菊人形に。
F1000371.jpg
高校生たちがお抹茶でおもてなし。
F1000376.jpg
F1000377.jpg

私は前々から煎茶が気になっていたので、お煎茶を2箇所巡ったのち、ハーブティを飲んでほっこりしました。

お煎茶は初体験。

2箇所目に行ったお煎茶は、啜り茶席と言って茶碗にそのまま茶ばとお湯をいれて、フタをして、飲む人は茶碗のフタを少しずらして、茶碗の隙間からすするようにお茶をいただきました。

お煎茶のお茶は、抹茶と違った味の深みがあって、結構濃いんだな~と感じました。

お道具も見たことがないものばかり。その中に早川尚古斎氏の茶籠もありました。

帰ってから、細川に話すと早川尚古斎氏が載っている書籍を広げて、

「早川尚古斎氏は煎茶道具を作っている人だからね~」っと、なるほど。

本にはお煎茶のことも書いてあったので、この本読んで行けば良かったと、後悔しました

やっぱり少しは勉強して行かなくてはいけませんね。


この日は植物園も入園料が無料で入れるのでたくさんの人が秋桜など秋の花を愛でていました。

植物園ウエディングって言うのもあって、バラ園の中でウエディング姿のカップルが写真撮影しているところにも遭遇して、幸せのお裾分け。
F1000372.jpg
F1000373.jpg
他にも竹笹園にはいろんな竹や笹が植わっていて、
F1000378.jpg
これは「ムツオリタケ」って面白い竹もありました。
F1000379.jpg
普段は200円で入れる植物園ですが、季節ごとに咲いている花も様々、観るもののボリュームがあるので、家族やご夫婦のゆったりとした語らいにはもってこいの場所。

私も久し振りにきましたが、やっぱり良いところです。

私が好きな水車もちゃんと動いてます。
F1000374.jpg
水車の保存会というのもあるらしく、水車小屋の中では昔ながらに水車の動力で粉をひいていました。

12月からここで挽いた粉を使って、近くのパン屋さんで米粉パンを売るんだそうです。

あ~、気になります。

by kinoko
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

okuhan

blog管理人:okuhan

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
竹工房 喜節のFacebook>>
竹工房 喜節のTwitter>>
お知らせ !!New!!
2017年
展示会&実演のお知らせ
綯交五人展
会場:京都駅前地下街 ポルタギャラリー華
会期:5月23日(火)~6月4日(日) 午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)
細川秀章 在廊日: 5月26・30・31日 6月3日


◎ご希望の方には、ハガキにて展示会の案内状をお送り致します。メールフォームのお問い合わせ内容に「案内状希望」と明記の上、お問い合わせください。(※必ず、お名前と御住所をご記入ください。)
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」
京もの工芸品京都オークション
「みんなの京都ふらりー」


■最近の取材
2016.6
雑誌「ソトコト 7月号」で竹工房 喜節のバッグを取り上げていただきました。
2016.5
フランスで発行されている雑誌「GEO」に竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました!!

竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
Twitter
Twitterではブログ記事の更新をリアルタイムにお知らせしています。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆