fc2ブログ

竹で作られた道具

ブログでお知らせできなかったのですが、

先月の22日~24日まで「竹工芸 公募展2013」がみやこめっせで開催されました。

~新しい竹工芸を求めて~というテーマで、

今までにない竹工芸、竹の可能性を拡げるような作品が求められる展示会だと思っています。

全国公募になって二回目ということもあり、まだまだ認知度が低いですが、

回数を重ねるごとに出品数も増えているので、工芸界での知名度が高い展示会になっていくように、

細川も参加を続けることで貢献できればと思います。

今回は、織物を染めるときのに使う「伸子」や織るときに使う「竹筬」、

農業ハウスの骨組みとして竹が使われた様子など、

道具としての竹の展示もありました。

私が勤めている機織りの仕事にも、竹でつくられた道具を使っています。

この「機針(伸子)」は生地の巾を均一にするための道具。
F1000083.jpg

巾5分ほどの竹の両端にステンレス針を埋めたもので、

上の写真のように竹を裏向きにして、生地の耳に針を刺し竹の弾力でピンと張ります。

F1000084.jpg

こちらが皮の方で、刺したときに生地に接する側。

自然にあるものの特性を活かして、道具にしているのです。

シンプルですが、よく考えてありますよね。


それにちなんで、展示会のお知らせです。

展示会1
染織光悦會展
会期:3月17日(日) 入場無料
時間:10:30~17:00
お問い合わせ:075-431-8677(株式会社千艸屋)

kinokoが勤めている織屋と取引のある呉服屋さんも参加している展示会です。

うちの織屋で織った帯は展示されるか分かりませんが、着物がお好きな方は是非ご覧下さい。

by kinoko
スポンサーサイト



Tag:竹の道具  Trackback:0 comment:0 

竹工房 喜節
〒602-8158
京都市上京区下立売通千本東入下る
中務町486-66
竹工房 喜節へのアクセス>>
Tel/Fax:075-406-0919
E-mail:take.kisetsu@gmail.com
不定休
(ご来店の際は、電話にてご確認ください。)

hosokawa takako

blog管理人:hosokawa takako

竹工芸品・竹製バッグ制作の細川秀章の工房。京都市内でバッグを中心に竹工芸品を制作しています。
女性ものはもちろん、男性向きの竹バッグにも力を入れています。
また、竹のバッグは夏・和装のイメージがあるので、季節を問わず洋服でも持ち歩けるようなデザインを心がけています。

竹工房 喜節について>>
HP>>
Facebook>>
Twitter>>
お知らせ !!New!!
2021.6
工房のHPが完成しました!!
2022.4
○テレビ出演
ABC朝日放送テレビ
「ココイロ」
月曜~金曜 午後7時54分放送
喜節放送回:4月14日(木)
詳しくはブログ記事から>>
2022年
展示会&実演のお知らせ
現在お知らせする展示会はございません。
商品取扱店
・(香川)Cafe ボナノッテ
※竹工房 喜節の商品は、ご注文を受けてからの制作となります。また、Shop、Galleryさんの催事・イベント等で、店頭に並んでいない場合がございます。その際は、お店の店員までお尋ねください。  
取材記事
技の実演

提供:京都伝統産業「ふれあい館」

■最近の取材
2021.5
雑誌「キラリオマガジン」で、竹工房 喜節の細川を取り上げていただきました。
2021.3
婦人画報4月号で、蘇嶐窯の涌波さんとの陶×竹のコラボレーション作品を取り上げていただきました。
2021.3
VOGUE JAPAN4月号で、細川と竹工房喜節の竹バッグを取り上げていただきました。
竹工房 喜節へのお問い合せ
ご注文・ご質問等、メールフォームからお気軽にお問い合わせください。
《メールフォーム》
※2・3日以内に返信をさせていただきますが、返信が無い場合はお手数ですが、再度問い合わせください。
最新コメント
★拍手コメントについて
拍手コメントを頂いた場合、直接コメントの返信ができないため、通常のコメントでお返事致しますので、ご確認ください。
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
携帯電話からもアクセスできます。ご利用の方はこちらを読み取っていただきますとすぐにページをご覧頂けますよ☆
検索フォーム
アクセス数
アクセス、ありがとうございます☆